「映画情報」カテゴリーアーカイブ

news_thumb_ranmaru_20160909_01

ranmaru 神の舌を持つ男(映画)鬼灯デスロード編@キャスト・あらすじ・ロケ地情報

あのドラマ『神の舌を持つ男』がまさかの映画化!
2016年7月~9月にTBS系金曜ドラマとして放映された、「神の舌を持つ男」の映画版が早くも登場。

映画版のタイトルは『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。

この異常に長いタイトルからして、ドラマ版に引き続き、原案・監督を務める堤幸彦ワールド全開といった感じです。



■キャスト

キャストは、主演の向井理さん、レギュラーメンバーの木村文乃さん、佐藤二郎さんに加え、今回のマドンナ役に木村多江さん、温泉旅館の若旦那役に市原隼人さん、女将役に財前直見さんなど多彩な顔触れ。

■ロケ地

撮影は、静岡、京都、山梨などオールロケで行われたそう。
スケールアップした世界観をスクリーンで観られるのはドラマファンには嬉しいですね。

■ranmaru 神の舌を持つ男(映画)鬼灯デスロード編 作品情報

・公開日 2016年12月3日

・キャスト
監督 堤幸彦

出演
向井理 木村文乃 佐藤二朗 市原隼人 黒谷友香 財前直見 木村多江 岡本信人
渡辺哲 矢島健一 春海四方 落合モトキ 永瀬匡 中野英雄

・配給 松竹

■予告編

『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!
略して…蘭丸は二度死ぬ。

鬼灯デスロード編』予告編




■あらすじ

あらゆる物質を舌で味わうだけでその詳細な化学成分を言い当てる「絶対舌感」を持つ男・朝永蘭丸(向井理)。

唯一、口内細菌を気にすることなくキスできる相手に失恋し、傷心の旅の末、人里離れた村・鬼灯(ほおずき)村にたどり着く。

温泉で溺れた蘭丸を人工呼吸で助けてくれたのは、村の女医・りん(木村多江)。

新たな「口に合う女性」に出会った蘭丸は、伝説の三助の孫であることを生かして、村の温泉で働くことにする。

甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)は蘭丸を追って村にやって来るが、彼らが行く先々ではなぜか事件が起こる!

謎の老婆…謎の黒水…謎の鬼火…怪しい村で起きた殺人事件。

殺されたのはりんと恋仲だと噂されていた卜真(うらない・まこと)(永瀬匡)だったことから、たちまちりんに疑惑の目が向けられる。

りんは事件と関係しているのか?
伝説と事件がつながる時、真犯人が暴かれる―。



■見どころ

『トリック』『SPEC』など大ヒットシリーズを生み出してきた堤幸彦監督。

堤監督と言えば、次々と繰り出されるハイブローなギャグと、PVや漫画のようなカメラワークや効果音、テロップなどを使った独特な世界観が特徴です。

今回も思わずにやっとしてしまう作品となっていることでしょう。

また、次々と濃いキャラクターが登場するのも、堤ワールドの特徴のひとつ。

普段の印象とかけ離れた大物俳優の姿に驚愕した人も多いのではないでしょうか。

今作では、多彩なキャスト陣がどんな表情を見せてくれるのかも見どころになりそうです。



海賊とよばれた男(映画)あらすじ・キャスト・試写会情報

百田尚樹原作×山崎貴監督×V6岡田准一主演と、『永遠の0』チームが再結集!『永遠の0』は興行収入87.6億円を突破、2015年アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞他計11冠を記録した大ヒット作だけに、期待が高まります。



■『海賊とよばれた男』とは

海賊とよばれた男の原作は出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション・ノベルで、上下巻累計発行部数400万部を超える大ベストセラー。

2013年には第10回本屋大賞を受賞し話題になっているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

また、本作では『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの吉岡秀隆さん、『寄生獣』で主演を務めた染谷将太さんなど山崎監督作品を彩ってきた方々をはじめ、綾瀬はるかさん、堤真一さんなど豪華キャストの競演が実現しています。

12月10日(土)の公開が楽しみですね!



■海賊とよばれた男(映画)概要

・原作  百田尚樹

・監督・脚本 山崎貴

・音楽  佐藤 直紀

・配給    東宝

・公開日  2016年12月10日(土)

・主なキャスト
国岡 鐵造 (国岡商店の創業者)岡田准一

国岡 ユキ(鐡造の妻)     綾瀬はるか

東雲忠司 (国岡商店の店員) 吉岡秀隆   

長谷部喜雄 (国岡商店の店員) 染谷将太

武知甲太郎 (国岡商店の店員) 鈴木亮平

柏井耕一 (国岡商店の店員) 野間口徹

藤本壮平 (国岡商店の店員) ピエール瀧

甲賀治作 (国岡商店の店員) 小林薫

盛田 辰郎 (国岡商店の店員) 堤真一

■あらすじ

敗戦国・日本で世界中を敵に回した男がいた。

その男は国岡鐡造(岡田准一)。かつて“海賊”と呼ばれた男―。

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予感していた若き日の鐡造は、北九州・門司で石油業に乗り出す。

しかし、国内の販売業者や欧米の石油会社(石油メジャー)と対立することとなり、困難な状況に立たされる。

それでも鐡造は決して諦めず、愛する仲間や妻とともに、日本の未来を信じて突き進んで行った。

だが、石油メジャーから敵視され、圧倒的な包囲網により全ての石油輸入ルートを封鎖された鐡造は、ある狂気の選択を下す。

唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を、秘密裏にイランに派遣しようというのだ。

イランの石油を直接輸入することは、イランを牛耳るイギリスを完全に敵に回すことだった―。



■みどころ

空襲により焼け野原と化した東京や、大型タンカー・日承丸、時代を超えて移り変わっていく日本の風景など、VFXに精通した山崎監督ならではの迫力ある映像も本作の見どころです。

山崎監督の公式ブログ
(http://lineblog.me/yamazaki_takashi/)では、実際の撮影風景が紹介されているのですが、グリーンバックに置かれたセットが一体どんな映像になるのでしょうか…早く大きなスクリーンで観たいですね。

また、青年期から老年期までを演じる、日本アカデミー賞受賞俳優・岡田准一さんの演技にも注目です!

山崎監督自らが「大ヒット作『永遠の0』に対抗できる作品に育てたい」と語っている本作。数々の日本映画の主演を飾ってきた豪華キャスト陣と言い、見ごたえのある作品になることは間違いありません。

■海賊とよばれた男の試写会と完成記念イベント

11月14日(月)には東京国際フォーラムにて完成記念イベントと披露試写会が予定されており、現在公式サイトではイベント参加への応募を受け付けています。

詳しくはこちら→http://info.toho.co.jp/kaizoku_ksrc/top.html

『海賊とよばれた男』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=03va5qDFyzY&feature=player_embedded




疾風ロンド(東野圭吾原作)映画のあらすじ・キャスト・ロケ地情報

数々の作品が映像化されている東野圭吾さんの長編サスペンス『疾風ロンド』が実写映画化!
原作は、SPドラマにもなった『白銀ジャック』に続く「スキー場シリーズ」の1つで、発売10日で100万部を記録したベストセラー小説です。



■キャスト情報

主人公のさえない研究員・栗林役に、同じく東野圭吾さん原作の「加賀恭一郎シリーズ」でも主演を務めていた阿部寛さん、

そんな栗林を助ける正義のパトロール隊員・根津役を関ジャニ∞の大倉忠義さん、スランプ中のスノーボード選手・瀬利役を元AKB48の大島優子さんが演じます。

その他にも、超実力派の柄本明さんを筆頭に、ムロツヨシさんや戸次重幸さん、でんでんさんなど個性派俳優陣がずらり!

メガホンを取るのは『サラリーマンNEO』や国民的な人気ドラマとなった『あまちゃん』を手がけた吉田照幸監督です。

■ロケ地情報

撮影は、実際に小説の舞台となった長野県の野沢温泉スキー場で行われたそう。
野沢温泉スキー場は、国内有数の規模でコースも沢山あり、いわゆる”滑り派”のスキーヤーに人気です。最近では、外国人スキーヤーが多く訪れています。

原作では「里沢温泉スキー場」となっていますが、東野圭吾さんも取材に訪れた場所とのことなので、作品の世界が映像で見られるのは原作ファンには嬉しいですね!

主題歌は、B’zがこの映画のために書き下ろした新曲『フキアレナサイ』。
11月26日(土)公開です!



■映画 疾風ロンド 概要

★公開日

2016年11月26日(土)

★キャスト・スタッフ

阿部 寛 大倉忠義 大島優子  ムロツヨシ 堀内敬子 

戸次重幸 濱田龍臣 志尊 淳  野間口 徹 麻生祐未 

生瀬勝久 望月 歩 前田旺志郎 久保田紗友 鼓太郎 堀部圭亮

中村靖日 田中要次 菅原大吉 でんでん 柄本 明

★原作

「疾風ロンド」 東野圭吾(実業之日本社)

★主題歌

『フキアレナサイ』B’z

★監督

吉田照幸

★脚本

ハセベバクシンオー 吉田照幸

■あらすじ

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。

研究所所長の下には、犯人から「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」と脅迫メールが届く。

警察には頼めない…そんな窮地の中、隠された生物兵器を探すよう命じられたのは、しがない主任研究員・栗林和幸(阿部寛)。

極限の心理戦が始まる…!と思ったら、なんと犯人が死亡!

見つからない手掛かり、残された時間は4日間。

犯人の遺品から浮かび上がった僅かなヒントは“日本最大級のスキー場”だった。

スキー場へ向かう栗林だったが、スキーは全くの初心者!?

スキー場のパトロール隊員・根津(大倉忠義)や、スノーボード選手・瀬利(大島優子)の協力を得ながら、必死に生物兵器を探すのだが…。

■映画 疾風ロンドの見どころ

ミステリ、サスペンスに定評のある東野圭吾さんの原作を、
『サラリーマンNEO』『あまちゃん』とコミカルな作品を得意とする吉田監督が実写化した本作。

観る人を選ばないエンターテイメント作品となっていることは間違いないのではないでしょうか。

また、アイドルから実力派まで揃った俳優陣も豪華。

謎の男を演じるムロツヨシさんと言い、コミカルなお芝居が得意な方が多いので、ハラハラする展開でありながらも、笑える作品と言えそうです。

ちなみに、スノーボード選手役の大島優子さんは実際に9歳からスノーボードをやっているそう。
もともと運動神経には定評のある大島さんですので、その腕前にも注目ですね!