「将棋関連情報」カテゴリーアーカイブ

藤井聡太四段の2017年8月の対局予定@これまでで最強の菅井七段と対局

藤井聡太四段は、竜王戦で30連勝を佐々木勇気五段に阻止されたあとの7月の対局の
結果は以下の通りです。

ちなみに藤井四段に勝利した三枚堂達也四段は、連勝ストップさせた佐々木勇気五段と
同じ都立白鴎高校の出身で、三枚堂四段が先輩になります。

藤井四段は白鴎高校コンビにだけ負けたことになります。



■藤井聡太四段の7月の対局結果

7月6日(木)に順位戦C級2組で中田功七段に勝利。

7月11日(火)に加古川青流戦で都成竜馬四段に勝利。

7月21日(金)に上州YAMADAチャレンジ杯で三枚堂達也四段に負け。

7月24日(月) 棋聖戦(一次予選)で西川慶二七段に勝利

7月24日(月) 棋聖戦(一次予選) で阪口悟五段に勝利

7月27日 (木) 銀河戦予選で平藤真吾七段に勝利

8月は、将棋界も一般社会と同じようにお盆ということもあり、
通常の月より、対局が少ないです。

現時点で、判明している藤井聡太四段の2017年8月の対局予定は下記の通りです。

■藤井聡太四段の2017年8月の対局予定

8月04日 王将戦一次予選決勝 菅井竜也七段

8月05日 かすがいキッズ☆将棋フェスタ 対都成竜馬四段 

8月10日 順位戦C級2組3回戦   対高見泰地四段

このうち、かすがいキッズ☆将棋フェスタの対局は非公式戦です。

★強敵の菅井竜也七段

菅井竜也七段は、これまで藤井四段が公式で対局した棋士の中でもっとも強い棋士です。現在、8大タイトル戦の一つ、王位戦7番勝負で羽生王位に挑戦していますが2勝0敗でリードしています。

菅井竜也七段は、トップ棋士の証とされる順位戦A級の一つ下のB1クラスに在籍していて、若手有望株の一人と目されています。

棋力は、30連勝を阻止された佐々木勇気五段より、かなり上です。
ですので菅井七段との対局は、藤井四段がトップ棋士に通用するかどうかの試金石になりそうです。

★4連敗は避けたいイケメンの都成竜馬四段

都成竜馬四段は、これまで公式戦で藤井四段に白星を3つ献上しています。
実は、この2人、プロになったのは同期です。

この対局は、8月5日に愛知県春日井市で行われる”かすがいキッズ☆将棋フェスタ”
での公開対局で、非公式戦です。

年齢は一回り以上離れていますが会社に例えれば同期入社。

女性の間で都成竜馬四段はイケメン棋士として注目を集めているようです。
同じプロとして4連敗は避けたいところでしょう。



★名人への道につながる対高見泰地四段戦

将棋界の最高峰の名人になるためには、まずA級順位戦に入ることが必要です。
現在、藤井四段が在籍しているには順位戦の一番下のクラスのC級2組。

藤井四段が名人になるには、
C2→C1→B2→B1→A というように昇級していく必要があります。

そしてA級になってトップの成績を収めて、初めて名人に挑戦できるのです。

ちなみに、あの”ひふみん”こと加藤一二三九段は、18歳でA級に上りつめ、神武以来の天才と称されました。

藤井四段が、今後、毎年、昇級していけば、この記録も破られることになります。

上のクラスに昇級するためには、在籍しているクラスでトップか2番手の成績を
おさめなくてはなりません。

特に藤井四段が在籍しているC級2組は、在籍者が50人という大所帯。
2敗したらまず昇級は難しいといわれています。

■まとめ

藤井聡太四段の2017年8月の対局予定は、3局と少ないですが、強敵の菅井竜也七段との対局、名人への道につながる順位戦と重要な対局があり、目が離せません。

特に菅井竜也七段は、現在は少数派の振り飛車党ですので対局内容にも注目したいです。