「中国語の勉強に関する情報」カテゴリーアーカイブ

中国語の勉強に役に立つ紙の辞書一覧とおすすめする理由

中国語を学ぶ際の必需品といえば、辞書!

これ無しでは中国語の習得は不可能です。

昨今の辞書事情といえば、ウェブサイトだったり、スマホアプリだったりとずいぶん手軽な辞書や、持ち運びも便利な電子辞書が主流かもしれませんが、筆者は敢えて、紙をおすすめします!

ではなぜ紙なのか、その理由とともに、今回はおすすめの紙の辞書もご紹介していきますね。
<スポンサーリンク>



■紙の辞書をおすすめする理由

では改めて、なぜ筆者が紙の辞書をおすすめするかというと、その理由の一つは、学んだ気がするから!

いえ、ふざけてませんよ、ほんとです。

電子書籍が流行した際も一部の人は“読んだ気がしない”なんて言っていましたよね?

あれって、ある意味、事実だと思うんです。

紙の辞書の重みを感じ、ページを繰るたびに紙の質感に触れることで、人間はその辞書を自分のものにしているという感覚が得られているのではないでしょうか?

そしてもう一つ、今度はもっと実用的な理由を挙げます。

それが、紙の辞書は書き込みができること。

気になったところにマーカーを引いたり、補足説明を書き加えたりできるので、自分だけのオリジナルの辞書を作ることができるという点も、紙の辞書をおすすめする理由なんですよ。
<スポンサーリンク>



■おすすめの紙の中国語辞書

①プログレッシブ中国語辞典 第2版(小学館)

いよいよ、紙の中国語辞書のおすすめを見ていきましょう。

一冊目は小学館から出ている「プログレッシブ中国語辞典 第2版」です。

これ、実際に筆者も使用していました。

この辞書の特徴はコラムやイラストなどが入って、より中国語に親しみを感じられるところと、簡体字(中国語の漢字)の書き順の解説があるところ。

語彙数も豊富で、最新のとまではいきませんが、それなりに新しい言葉にも対応している、バランスの良さがポイントです。

②现代汉语词典(第6版) 精装 中国社会科学院语言研究所词典编辑室 编

二冊目におすすめするのは、これから長く中国語とお付き合いしていこうと考えている人にピッタリの一冊「现代汉语词典(第6版) 精装
中国社会科学院语言研究所词典编辑室 编 」です。

これは、紙の中中辞典。つまり、中国語の単語の説明が、中国語でされている、いわば広辞苑のようなものですね。

ではなぜ、この辞書がおすすめなのか。

それは、語彙力を伸ばすサポートをしてくれるから!

知らない言葉を知っている言葉で言い換えるという行動は、あなた自身に、中国語を根付かせる助けになります。

いかがでしたか?

今回は、中国語の学習に紙の辞書がおすすめな理由と、おすすめの中国語の紙の辞書をお教えしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
<スポンサーリンク>