「ランチ情報」カテゴリーアーカイブ

神田カレーグランプリ2016@食べ歩きスタンプラリー・ユニークの巻

神田カレーグランプリ2016に先行して開始されているカレー店スタンプラリー。

3か月で83店舗のカレー店を本気でクリアするとなると、
必然的に?ほぼ、毎日、ランチにはカレーを食べることになります。

しばらくの間は”ランチに何を食べるのか悩まず”にすみそうです。




今日、向かったのはインド・ネパール料理の”ユニーク”。
店名の”ユニーク”の由来は不明。

店は神保町界隈にありますが、小さな雑居ビルの2階にあるため、
気が付かない人も多数。店に入っても狭っ苦しい感じの広さ。

インド料理ならともかく、ネパール料理を標榜する店は神保町でもこの店だけ。

インド系カレー店にしては、チーズナンがあったり、ホウレンソウのルーがあったり、辛さが5段階に分かれる等、選択肢が多いのが特長。

特に学生セットと子供セットがあるのは、珍しいです。

注文したのは2種類のカレーが選べ、グリルされたチキンがついたスペシャルセット。
カレーはキーマとホウレンソウのカレー。
img_0719
ただ、ライスがサフランライスでないのが残念というか減点したいところ。

辛さ強度、うえから2番目の辛口を注文。
ナンはプレートを大きくはみ出すくらいの大きさ。

ナンは食べ放題ですが、さすがに2枚は無理。
2枚食べたら、仕事中に机で”舟漕ぐ”こと必至でしょう。

私は神田・神保町界隈に限らず、都内各所のインド料理店に出入りしていますが
このユニークの味は標準的。

そもそも、これまで”物凄くまずいインド料理”に遭遇したことがありません。
インド料理は店は変わっても、基本はナンとカレーの組み合わせ”大崩れ”しないのかもしれません。

強いていえば、ナンの良し悪しには差を感じます。

ユニークの特長としては、チーズナンが普通にあることではないかと思います。

インド料理もチーズもという欲張りな?人向きの店です。

これで、また1店舗クリア。
img_0726
カレー店スタンプラリーの旅?は続く。




■ユニーク 店舗情報
・住所 東京都千代田区神田神保町1-2-6 神保町1丁目ビル 2F・3F

・営業時間
11:00~23:00

ランチ営業、日曜営業

・定休日 無休




aaa1

神田カレーグランプリ2016@食べ歩きスタンプラリー・お茶ノ水NARUの巻

神田カレーグランプリ2016は、11月5日と6日に行われますが、それとリンクする形で8月23日からスタートしているのがカレー店食べ歩きスタンプラリー。

カレー店食べ歩きスタンプラリーは、神田界隈で指定されたカレー店を食べ歩き
店ごとにスタンプを押してもらい、

すべての店舗を制覇した人全員に栄えある神田カレーグランドマイスター2017の称号が授与されるというイベントです。



■対象83店舗を100日間でクリア!!

スタンプラリーは、今回で3回目ですが、主催者が事前に想定していたより、制覇するカレーの猛者・ツワモノが多いということもあり、クリアすべき基準は年を追うごとに厳しくなっています。

具体的には昨年は60店舗が完全制覇のゴールでしたが今回は83店舗にまでハードルが上がっています。

この83店舗を11月30日までの100日間で制覇しなくてはならないのです。
3か月間、ランチを毎日カレーにしなくては、とてもクリアできません。

なんか、途中で加齢臭ならぬカレー臭が漂ってきそうな感じがしなくもないですが・・・
83店舗の中にはカレー専門店でない店も含まれ、その関係で”月曜日しかカレーを提供しない”という店もあります。



■”月曜日しかカレーを提供しない”お茶ノ水NARU

さて、スタンプラリーも中盤戦を迎え、
その””月曜日しかカレーを提供しない”お茶ノ水NARUにむかいました。

お茶ノ水NARUはそもそもジャズバー。店は地下にあり、店舗内は薄暗く、周囲は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。ジャズの名曲が絶え間なく流れます。
img_0715
このNARUのカレーはチキンカレーとポークカレーの2種類。
この日はポークカレーを選択。

店員さんから”大盛りにしても無料です”とのうれしい知らせ?
もちろん、大盛りに。
img_0711
ハヤシライスのような色のルーに大きめに刻んだ豚肉がゴロゴロ。
とにかく物凄くルーにコクがあるのが特長。

■月曜日だけにしかカレーを出さない理由とは?

月曜日だけにしかカレーを出さない理由を尋ねたら、”1週間煮込むので毎日は出せない”ということでしたが、思わず”そうだろうな”といいたくなる濃厚なルーでした。

なんでもカレーのレシピは、かつて存在した代々木の名店を踏襲しているとか。

それにしてもカレー専門店でもないジャズバーのランチでカレー専門店顔まけのカレーを食べられるのは、神田・神保町ならではです。

カレー大盛りにアイスコーヒーにミニケーキで850円というのは、安すぎて、申し訳ないくらいです。
img_0713
とにかく、これでスタンプラリーの難所をクリアでき一安心。
img_0716
カレー店食べ歩きスタンプラリーは、続く。



■お茶ノ水NARU 店舗情報

・住所 東京都千代田区神田駿河台2-1 十字屋ビル B1F

・TEL  03-3291-2321

・アクセス
JR中央線・総武線【御茶ノ水駅】御茶ノ水橋口 徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線【御茶ノ水駅】徒歩3分
東京メトロ千代田線【新御茶ノ水駅】徒歩6分

・営業時間(※カレーは月曜日のみ)
11:30~17:00
18:00~23:30
ランチ営業、日曜営業



赤坂のトップスのカレーランチセット食べてみた

ランチタイム時に赤坂のような、完全なアウェイのような場所に来ると
敢えて未知の店に行く場合と数少ない馴染みの店に行くというのは
半々です。今日は、カレーショップトップス TBS店へ。




赤坂のトップスといえば、都内でチョコレートケーキの老舗として知られています。
そのトップスがカレー店を運営していることを知らない人は多いようです。
店は、千代田線の赤坂TBS口に通じる赤坂Bizタワー の地下飲食街にあります。

外見も店の中も白で統一され、カレー店と思えないような雰囲気です。
カレーの聖地、神田神保町によくある、薄暗くてウナギの寝床のような
カレー店に慣れた自分には逆にちょっと落ち着かない感じがします。
yjimage

ランチ時はセットメニューと単品でちらも注文可能です。
今日、注文したのはAランチ。
セットメニュー
枝豆の入ったカレーにサラダ、にピクルス。
それにインド料理の定番のラッシー。
IMG_0586
店内が白で統一されているためか?
真っ赤な福神漬けは置かれていません。

ご飯の上にルーをかけるとそれまで目立たなかった枝豆が急に存在感を増した感じ。
IMG_0588

ルーライスを口の中に放り込むとカレー特有の辛さはあまり感じません。

味は悪くはありませんが、辛さは激辛志向の人には物足りないかもしれません。
ちなみに店員に確認しましたが隠し味として、
チョコレートを使うようなことはしていないとのこと。

もしかしたら、チョコレートケーキのカレー店ということで
辛いのが苦手な客が多いのかもしれません。

中にはせっかくトップスの店に来たのだから
ついでにチョコレートケーキも食べたいという人も

いらっしゃるかもしれません。
そういうひとのために、チョコケーキもメニューにあります。
チョコメニュー
ついでに注文したのはチョコケーキの半分サイズ。
これで300円。
チョコ

赤坂エリアは都内の他のエリアに比べ、昼が遅いのか
さほど混まずゆったりできました。

チョコケーキの半分サイズの300カロリーを
消費すべく、赤坂から乃木坂駅まで徒歩で行きましたが

どれくらい燃焼できたか定かではありません。





■コメント
カレー好きだけど辛いのが苦手な人向き。
ただひたすら黙々と食べ、食べ終わったらとっとと出てけ?という
雰囲気のカレー店がダメという人にもお薦めします。
カレー店というよりパスタ店のような雰囲気ですのでカレー店にしては
女性のウエイトが高いです。

■カレーショップトップス TBS店
住所   東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー SHOPS&DINING B1F

Mail t_master@akasaka-tops.co.jp

営業時間 11:00~21:00 (L.O 20:30)

定休日 年末年始、休館日