「ライフスタイル」カテゴリーアーカイブ

img_shichigosan_moude

寒川神社の七五三の予約・ 初穂料・混雑状況について

子供の成長を願う大切な節句の一つ・七五三。
今回ご紹介する寒川神社は、七五三の参拝で特に有名な神社です。
5095784a50a1a182f256fdae6a70014e
では、寒川神社で七五三の参拝をしたい場合どのように予約したらよいのか、初穂料はいくらなのかなど、気になる項目についてチェックしていきましょう。



■寒川神社とは?

神奈川県高座郡寒川町にある寒川神社は、727年創建、846年創建など、その創建には諸説ありますが、いずれにせよ長い歴史を持ち、多くの参拝者を集める神社です。

なんでも、夏至の日の入りでは丹沢の大山、春分・秋分の日の入りでは富士山、冬至の日の入りでは箱根の神山を望むことができることから、古くより信仰を集めていたんだとか。

★寒川神社

・住所     神奈川県高座郡寒川町宮山3916

・問い合わせ 寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)

・アクセス(電車) JR相模線「宮山」駅より徒歩5分

・アクセス(車)
▼圏央道「寒川北インター」より
1)インターを出たら右折
2)中里交差点より2~3分

▼圏央道「海老名インター」より
1)料金場を出たら、二本目の信号(海老名インター入口)を右折
2)道なりに東名高速道路をくぐり、東河内の交差点を通過
3)相模線に沿って進み中里交差点より2~3分

▼東名高速道路「厚木インター」より
1)料金所を出たら、平塚方面へ
2)国道129号線の戸田交差点を左折
3)相模線の陸橋を渡り東河内交差点を右折
4)相模線に沿って進み、中里交差点より2~3分

▼小田原厚木道路「伊勢原インター」より
1)インターを出たら寒川方面に向い、田村十字路を直進
2)相模川にかかる神川橋を渡り、大門踏切前交差点を左折
3)相模線の踏切を渡り、鳥居をくぐると2?3分



■寒川神社での七五三の予約や初穂料、写真・食事付きの七五三プランについて

★七五三の予約方法

そんな寒川神社で七五三の参拝をしたいと考えている人は、まずお早目の予約が必要です。予約は電話で受け付けてもらえます。
※寒川神社 社務所 電話0467-75-0004(代表)

★初穂料の相場

七五三の参拝の際、用意する初穂料についても、寒川神社では比較的明確に金額を提示しています。初穂料の基本は3,000円~50,000円程度。

たいていの場合は、約5,000円を包むのが一般的のようです。

★写真撮影と食事、着付け・ヘアメイクがセットになった七五三プラン

ところで、寒川神社には七五三の写真撮影と食事、着付け・ヘアメイクがセットになった七五三プランが用意されています。

お値段は5,000円~12,000円ほど。このプランを予約すると、優先的にご祈祷の受付をしてもらえることもあり、毎年人気を博しています。

ちなみに、七五三プランには人力車に乗って参拝に迎えるスペシャルプランもあり!

思い出に残る七五三にしたいファミリーにはこちらのスペシャルプランもおすすめです。


■寒川神社の混雑状況と駐車場

★10月下旬から11月上旬の週末は混雑

寒川神社は、例年多くの人が七五三の参拝に訪れるため、特に10月下旬から11月上旬にかけて、週末はとても混雑します。

ただし、初詣の時のような、歩く場所がないほどの混雑ではありませんので、小さなお子さんを連れての参拝もあまり億劫になる必要はありませんよ。

★駐車場は4つ完備

また、寒川神社には第一から第四まで駐車場も用意されているので、マイカーでのアクセスもOK。

特に小さなキッズがいる場合は、公共交通機関での移動が不便な場合もあるので、うれしい配慮ですね。

いかがでしたか? 神奈川県にある寒川神社は七五三参拝で有名な神社の一つだからこそ、食事などがセットになった七五三プランが用意されています。

七五三の参拝を検討している人は早めに電話をして、七五三プランの予約をしてくださいね!



2016413204213

おみくじの順番や番号の意味・引いた後の取り扱い方

神社仏閣でつい手を伸ばしてしまうおみくじ。

引いたおみくじの内容によって、とってもハッピーになったり、気持ちを戒めたりと、日本人にとっておみくじはとても親しみのあるものです。

でも皆さん、おみくじの正しい順番や番号の意味、
おみくじを引いた後の取り扱い方について、しっかりと把握していますか?

今回は改めておみくじについて考えてみたいと思います。



■おみくじの順番や番号の意味

おみくじには、吉や凶といった言葉が書いてあります。

多くの人が大吉がラッキーで、凶はあまり良くないと認識していることでしょう。

おみくじの順番は、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶という並びが一般的だといわれています。

■神社仏閣によって異なる”おみくじ”の順番

一部の神社仏閣では、これらに加えて、半吉や平、小凶、大凶などさらに細分化した順番を採用していることも。

また、大吉、中吉、小吉、吉、末吉……と、吉の順番が異なっている場合もあります。

これらは神社仏閣により考え方が異なりますので、気になった方は積極的に神主さんやご住職に話を聞いてみましょう。

きっと、その神社仏閣ならではの宗教に基づいた考え方を聞くことができますよ。

ちなみに、〇番といった番号が振られていることもありますが、その番号の順番と、おみくじの順番には関係性はあまりないといわれているので、何番を引いたかというのは、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。



■おみくじの取り扱い方

では、実際におみくじを引いた後、そのおみくじはどうすれば良いのでしょうか?

人によって、そのまま持ち帰るという人と、神社仏閣の木々などに結び付けて帰るという人がいます。

これ、おみくじの取り扱い方としてはどちらも正解です。

おみくじを持ち帰って、常に大切に持つことで、おみくじの内容を心に留めておくことができるので、持ち帰ってもOK。

持ち帰ったおみくじは、おおよそ1年をめどに、もう一度神社仏閣を訪れ、お礼とともにおみくじを収めましょう。

一方、良くないことが書いてあったおみくじの場合、神社仏閣の木々に結ぶことでさらにご加護を願うという考え方もあります。

引いた後のおみくじをどう取り扱うかは、訪れる神社仏閣によって決められている場合もありますので、おみくじの順番を神主さんやご住職に聞いた際に、合わせてその後の取り扱い方について聞いてみるのもおすすめです。

いかがでしたか? おみくじの順番の典型は、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶だということが分かりました。

おみくじを持ち帰るにしろ、木々に結びつけるにしろ、その内容をしっかりと心に留め、神仏への感謝を忘れないことが一番大切なのかもしれませんね。



bounenkai002

忘年会の参加率が思わずアップする面白い案内文例

年末の一大イベントといえば、忘年会です。特に幹事に指名された人にとっては、頭を悩ませることの多いイベントの一つ。

そこで今回は、そんな幹事さんのために、忘年会の参加率がアップする面白い案内文例をご紹介します。



■忘年会の案内文の書き方

まずは忘年会の案内文の基本の書き方を確認しておきましょう。

案内文の流れは、季節のあいさつ、日時・開催場所・会費などの忘年会の詳細、幹事の連絡先と出欠の返事の期限、〆の一言となります。

どんな人をターゲットにした忘年会でも、基本的には文面は簡潔に書き、読んでもらえるようにすることと、忘年会の詳細は分かりやすく書くこと、出欠の返事の期限を明確にすることの3点がポイントになります。



■会社の忘年会の場合

次に、大人数が予想される会社の忘年会や、役員なども参加する正式な忘年会の場合に心がけたいポイントです。

このような忘年会の場合、“大人数だから自分一人がいなくても……”と参加率が下がってしまうことも。

そこでおすすめなのが、忘年会の内容を少し具体的に、楽しそうに書いておくこと。

例えば、“2016年を華やかに締めくくるお店一推しの料理をご用意しております”だったり、“最高〇万円のスペシャルな景品を用意したビンゴ大会を開催します”といった、
相手にイメージしやすい具体的なフレーズが入ることで、
“この忘年会でしか味わえない楽しみがある”と思わせることができれば、完璧です!

あくまでも職場の忘年会ですので”案内文を面白くするといっても限界があります”

ですので忘年会でしか行われないようなイベントをすると”行こうかどうしようか”迷っている人も参加してきます。

個人的な経験からですが”本邦初公開、〇〇君の隠し芸”とか”豪華賞品付き、女子の腕相撲大会”等の受けが良かったです。

社風や職場の性格により、案内文の文面やイベントの内容も許されるレベルが異なりますので、そのあたりは、過去の忘年会を思い浮かべて”KY(空気を読む)”しかないと思います。



■プライベートな忘年会の場合

一方、少人数の集まりや仲の良い同期での会など、プライベートの忘年会の場合、案内文も少しくだけたものにすることがポイントになります。

例えば、“昨年大好評、〇〇さんによる一大スぺクタルショーが、今年、さらにパワーアップして帰ってきます”とか“2016年を振り返る一芸を用意して参加してね!”など。

余興について、しかも参加者の個々人を際立たせるような内容を記載すると、参加率がアップしそうです。

ただし、プライベートだからといって、案内の内容がくだけすぎてしまってはいけません。“昨年泥酔した〇〇くん、今年はどうなるか!?”など、

特定の人物を良くない方向のネタにするような文面は控えてくださいね。

いかがでしたか? 年末の楽しみの一つ・忘年会。

その参加率を左右するのは、案内文のちょっとした工夫かもしれません。

幹事に指名され、ちょっぴり憂鬱な方も、せっかくなら、
より多くの人が参加したくなるような案内文を考えて、忘年会を大成功させましょう!