「マナーに関する情報」カテゴリーアーカイブ

退職の挨拶をメールで社内に連絡する際の3つのマナーとスグ使える文例

退職が決まったら、準備をしたいのが退職の挨拶。

最近では、実際に面と向かっての挨拶だけでなく、メールを使用した退職の挨拶も一般的になっています。




今回は、社内向けに退職の挨拶をする際のマナーや文例をご紹介します。

■社内向け退職メールの3つのマナー

社内向けの退職メールにはいくつか押さえておきたいマナーがあります。

一つ目は退職理由の書き方。
“会社が嫌で”とか、“より良い職場が見つかったので”なんて素直に書いてはいけませんね。一般的には“一身上の都合”と書くのがマナーです。

結婚や出産などおめでたい理由での退職の場合はその旨を記すのもOK!

二つ目は今後の連絡先について。
“もう二度と会わないから!”という本心は一度端に置いておいて、“今後何かございましたら”と自分のプライベートの連絡先を記しておきましょう。

三つ目は送信時のマナー。
社内向けの退職メールは一部の親しい人を除いて、一斉メールで送ることになると思います。
その時は受け取る側それぞれに他者のアドレスが伝わらないよう、bccで送ってくださいね。

■社内向け退職メールはいつ送る?

ここまで社内向け退職メールのマナーをおさらいしたら、いざ、送信です。

では、社内向けの退職メールはいつ送るのが良いのでしょうか?

それは退職日の終業後が一般的です。

ただし、会社によっては、退職日が決定し次第すぐにというルールがある場合もありますので、周囲の人や上司などに一度相談をしてみることをオススメします。



■社内向け退職メールの文例

最後に、社内向け退職メールの文例を確認しておきます。

———–
件名:退職のご挨拶(◎◎部、名前)
本文:
皆様、お疲れ様です。
◎◎部の(名前)です。

一身上の都合により、本日◎月◎日付で退職することとなりました。
本来ならば、直接ご挨拶すべきところですがメールにて失礼いたしいます。

在職中は……(感謝の気持ちや自分がこの会社で学んだことを書きましょう)。

最後になりましたが、今後何かございましたら、下記の連絡先にご連絡いただけますと幸いです。
(メール、電話番号など)

皆様の益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
今までありがとうございました。
———–
いかがでしたか? 社内向けの退職メールは立つ鳥跡を濁さないよう、礼儀と少しの親しみをもって書くのが◎。

今回ご紹介したマナーや文例は一般的な退職の挨拶ですので、特に親しい人たちにはもっとフランクに、退職のメールを送っても構いません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。