「マナーに関する情報」カテゴリーアーカイブ

退職の挨拶をメールで社外に連絡する際の3つのマナーとスグ使える文例

退職が決まって考えなければならないのは、日頃お世話になっている社外の人への挨拶です。

社内向けの退職メールとは異なり、社外向けの退職メールには独自のマナーがあります。今回は、社外向け退職メールを送る際のマナーや文例についてご紹介していきます。



■社外向け退職メールのマナー

社外向けに退職メールを送る際には、いくつかのマナーがあります。

一つ目は、自身の退職日を明確に記すこと。

相手側の気持ちになって考えてみれば、自社の担当者がいつまでいるのかは最も重要な点ですよね?

ですので、社外向けの退職メールには必ず退職日を書いておきましょう。

二つ目は、次の担当者の連絡先を記すこと。

これも、相手側の気持ちになれば、当然! 次の担当者が誰なのか分からないまま退職されてしまってはとても迷惑な話です。

次の担当者の名前、部署、直通の電話やメールアドレスなどを明記してください。

三つ目は、退職理由の書き方。

ここも、相手側の気持ちになって考えれば、正解は“一身上の都合”です。

取引先という関係性を超えて親しい場合は、別途プライベートメールなどで、お話するようにしてくださいね。

■社外向け退職メールはいつ送るの?

さて、マナーのおさらいが終わったところで、重要なポイントをお伝えしましょう。

それは社外向けの退職メールを送る時期です。

社内向けの場合は退職日当日に送信するのが一般的ですが、社外向けは違います。社外向けには、退職が公になってから、退職日の2~3週間前までに送信しましょう。

というのも、社外向けには“引き継ぎ”という仕事が発生しますので、あまり急な退職メールの送信はNGなんですよ。



■社外向け退職メールの文例

最後に、社外向け退職メールの文例を確認しておきます。
———–
件名:退職のご挨拶(会社名、◎◎部、名前)
本文:
◎◎会社 ◎◎さま

お世話になっております。
(会社名)の(名前)です。

私事で大変恐縮ですが、一身上の都合により、◎月◎日付で(会社名)を退職することとなりました。

本来ならば、直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶となったこと、大変申し訳ございません。

在職中は……(感謝の気持ちや取引での思い出などを書きましょう)。

今後は下記の者が御社の担当となります。
(氏名、部署、メール、電話番号など)

後日改めて(後任者の名前)よりご挨拶に伺わせていただきますので、
何卒よろしくお願いいたします。

最後になりましたが、貴社の益々のご発展と、◎◎様のご活躍をお祈り申し上げます。
———–

いかがでしたか? 社外への退職の挨拶をメールで送信する場合は、社内向けよりも早い退職日の2~3週間前に送る必要があるので、お早めにご用意くださいね。



退職の挨拶をメールで社内に連絡する際の3つのマナーとスグ使える文例

退職が決まったら、準備をしたいのが退職の挨拶。

最近では、実際に面と向かっての挨拶だけでなく、メールを使用した退職の挨拶も一般的になっています。




今回は、社内向けに退職の挨拶をする際のマナーや文例をご紹介します。

■社内向け退職メールの3つのマナー

社内向けの退職メールにはいくつか押さえておきたいマナーがあります。

一つ目は退職理由の書き方。
“会社が嫌で”とか、“より良い職場が見つかったので”なんて素直に書いてはいけませんね。一般的には“一身上の都合”と書くのがマナーです。

結婚や出産などおめでたい理由での退職の場合はその旨を記すのもOK!

二つ目は今後の連絡先について。
“もう二度と会わないから!”という本心は一度端に置いておいて、“今後何かございましたら”と自分のプライベートの連絡先を記しておきましょう。

三つ目は送信時のマナー。
社内向けの退職メールは一部の親しい人を除いて、一斉メールで送ることになると思います。
その時は受け取る側それぞれに他者のアドレスが伝わらないよう、bccで送ってくださいね。

■社内向け退職メールはいつ送る?

ここまで社内向け退職メールのマナーをおさらいしたら、いざ、送信です。

では、社内向けの退職メールはいつ送るのが良いのでしょうか?

それは退職日の終業後が一般的です。

ただし、会社によっては、退職日が決定し次第すぐにというルールがある場合もありますので、周囲の人や上司などに一度相談をしてみることをオススメします。



■社内向け退職メールの文例

最後に、社内向け退職メールの文例を確認しておきます。

———–
件名:退職のご挨拶(◎◎部、名前)
本文:
皆様、お疲れ様です。
◎◎部の(名前)です。

一身上の都合により、本日◎月◎日付で退職することとなりました。
本来ならば、直接ご挨拶すべきところですがメールにて失礼いたしいます。

在職中は……(感謝の気持ちや自分がこの会社で学んだことを書きましょう)。

最後になりましたが、今後何かございましたら、下記の連絡先にご連絡いただけますと幸いです。
(メール、電話番号など)

皆様の益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
今までありがとうございました。
———–
いかがでしたか? 社内向けの退職メールは立つ鳥跡を濁さないよう、礼儀と少しの親しみをもって書くのが◎。

今回ご紹介したマナーや文例は一般的な退職の挨拶ですので、特に親しい人たちにはもっとフランクに、退職のメールを送っても構いません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。




喪中はがきの出す時期と切手のマナー@オススメの切手ご紹介

家族や親族に不幸があった場合、葬儀や法要、故人の遺品の整理など、やるべきことはさまざま。故人を失った悲しみはもちろんですが、あまりの忙しさも相まって、やらなければならないことを忘れてしまう場合もあります。

その代表格の一つが喪中はがきです。

喪中はがきを送ることは覚えていても、喪中はがきにまつわるマナーは意外と知られていません。今回はそんな喪中はがきにある、切手のマナーについてお伝えします。



■喪中はがきとは?出す時期はいつ?

喪中はがきは、一年以内に親族などに不幸があった人が送る、年賀状欠礼への挨拶です。
これまで年賀状のやり取りがあった相手に向け、年賀状の準備を始める前である12月初旬頃までに送りましょう。

その内容は故人が亡くなったこと、年賀状を欠礼することなどの定型文が一般的ですが、間柄が親しい場合には、はがきの脇にプライベートな近況を書き添えても構いません。

以前筆者がいただいた喪中はがきには手書きで“辛いけども、いつまでもこうしてはいられないので、飲みに誘ってください”と書き添えてあり、胸が締め付けられる思いをしたこともありました。

■喪中はがきの切手のマナー

さて、では実際に喪中はがきを送る際には、どんなマナーがあるのでしょうか?

それは、喪中はがきの切手にまつわるマナーです。

少し想像してみてください。

喪中はがきの切手がキュートなキャラクターものやおめでたいお正月の切手ではやっぱりちょっと違いますよね?

というわけで、郵便局には弔辞用の切手が用意されています。

色合いを落としたこのタイプを私製のはがきに貼って送るのが、喪中はがきのマナーとなっているんですよ。



■最近はこんなパターンも

ただし、最近では私製はがきに弔辞用の切手という組み合わせではない喪中はがきもよく見かけます。

それが官製はがき(切手付きのはがき)を使用したものです。

特に多くの方が使用するのが、胡蝶蘭の切手の官製はがき。
kansei
これは特に弔辞用に出されているわけではありませんが、落ち着いた雰囲気なので、今では多くの方が喪中はがき用に使用しているんだそうです。

ただし、年配の方やマナーに厳しい方にとっては、“喪中の時期にも、あなたのことを思い出して、切手を貼りましたよ”という手間を重視する習慣を大切にしている人もいますので、官製はがきを喪中はがきとする際にはお気を付けください。

いかがでしたか? 喪中はがきの切手には独特のルールがあることが分かりました。

いざ喪中はがきを出す立場になった時には、要注意です。