「ホテルのオープン情報」カテゴリーアーカイブ

変なホテル舞浜@2017年3月下旬オープンする場所はTDLと反対側

ハウステンボスは2017年3月下旬、千葉・舞浜の東京ディズニーランド近くに「変なホテル」をオープンします。



■変なホテルとは?

変なホテルは旅行大手代理店のHISが運営する長崎県佐世保市のハウステンボスに2015年7月にオープンした世界初のロボットホテル。

変なホテルでは、フロントでロボットがチェックイン・チェックアウトの手続きを行いロボットアームがクロークで荷物を預かり、手荷物はポーターロボットが部屋まで運ぶというホテルの業務の大半をロボット従業員が担うことを特長としています。

変なホテルというよりロボットホテルといったほうが実態に合っているかもしれません。ただ、まったく人間の従業員がいないわけではなく、長崎では10人の人間の従業員が
運営を担っています。


また、客室前で顔認証をすれば、その後は顔パス感覚で部屋に出入りでき、鍵の持ち運びのわずらわしさ、紛失の不安から解消されるという利点があります。

変なホテル舞浜のオープンする場所は、東京ディズニーランドの最寄り駅のJR京葉線舞浜駅から徒歩圏内のところで2017年3月下旬にオープンする予定です。




オープンする場所は具体的には浦安市富士見というところで、TDLとは
JR京葉線・首都高速湾岸線を挟んで反対側、旧江戸川の近くになります。

長崎のハウステンボス以外で「変なホテル」として開業する初めてのホテルになります。

■変なホテル 舞浜 施設概要

・開業場所:千葉県浦安市富士見5-3以下未定

・敷地面積:約2000.72m2

・延床面積:約3249.52m2(併設レストラン含む)

・構造・規模:鉄筋コンクリート造地上6階建て

・客室数:全100室

・開業予定:2017年3月末

舞浜のホテルの規模は、客室数全100室。ツイン50室(約18m2)、トリプル40室(約23.24m2)、デラックストリプル8室(約26m2)、コンフォートツイン2室(約26m2)。
レストランを併設し、カフェコーナー、WiFiカウンターを展開する予定ということです。