「イベント情報」カテゴリーアーカイブ

越後妻有雪花火2017@開催日程・見どころ・駐車場情報

<スポンサーリンク>




冬の終わりを告げる雪花火は澄み切った夜空に広がる光の花畑。

今年も闇の中で真っ白な雪の世界に幻想的な光のアートが夜空を彩ります。

第4回となる今年は光の舞台を広大で自然豊かな「あてま高原」に移し、3尺玉が雪の空に大迫力で打ち上がります。

■越後妻有 雪花火 2017 開催概要

<開催日>
2017年3月4日(土)

<開催時間>
花火打ち上げ時間 19:00~数分間

<開催場所>
あてま高原リゾート ベルナティオ(十日町市珠川)

<料金>
『雪花火チケット』雪花火のみのチケット
  大人  1,500円
  小中学生500円
 ※販売場所=十日町市役所本庁舎(地下売店)、・十日町市総合観光案内所(十日町駅西口2階)、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」ほか

『越後妻有2017スペシャルチケット』光の館、森の学校キョロロの入館料と前プログラムが楽しめるチケット
  大人 2,000円
小中学生1,000円
 ※販売場所=越後妻有里山現代美術館[キナーレ]、まつだい「農舞台」、越後妻有オンラインショップほか
 販売場所は拡大中ですので詳しくは公式ホームページをご確認ください。

<主催 お問い合わせ>

十日町市観光交流課芸術祭企画係
・電話025-757-2637
・メールt-kanko@city.tokamachi.lg.jp
・公式ホームページ
  http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/snow_fireworks_2017

◆天候により花火の打ち上げを中止する場合があります。

<スポンサーリンク>



■交通アクセス

無料シャトルバスが運行されます。
【シャトルバス乗り場】 
〇JR 十日町駅西口
  〇JR 越後湯沢駅東口
   
〇越後妻有里山現代美術館「キナーレ」
  〇まつだい「農舞台」
     など、詳細は追って公式ホームページでご案内されます。
 
【車】
  〇関越自動車道塩沢・石打ICから大沢山トンネル経由約30km約40分
  〇関越自動車道越後川口ICから国道117号線約32km約50分

■駐車場情報

屋外駐車場があります。
収容台数:220台(バス10台、マイクロバス10台、乗用車200台)

※臨時駐車場も予定されているようです。

■見どころなど

★17:00 開場 屋台オープン
   地元の食材を使った温かい食べものやドリンクも楽しめます

★17:30~20:00 光のアーティスト高橋匡太さんによる「Gift for Frozen Village 2017」
  広大な雪原に植えられる2万個の光の種(LEDライト)が幻想的な光の花畑を作り出す。
投雪機を用いたライティングパフォーマンスもあり。

★19:00 越後妻有 雪花火
   3尺玉の大迫力の花火を打ち上げ

注意していただきたいこと 公式HPより
 
◇三脚の設置について
越後妻有 雪花火、三脚を使用した写真・動画撮影可能エリアを制限しています。

三脚を使用した写真・動画撮影を希望する場合、係員の指示に従って三脚設置可能エリア内での撮影になります。

■まとめ

越後妻有は新潟県南端で長野県との県境に近い十日町と津南町にまたがる地域のことを指していて、厳しい条件のなか米づくりをしてきた土地。

人と自然のかかわりを大切にしてきた祖先にならい「人間は自然に内包される」という理念で、人と自然とアートが織りなす「大地の芸術祭」を2000年にスタートさせました。

3月とはいえ寒さが厳しい屋外のイベントです。寒さや雪対策は万全で行かれることが一番ですね。

冬の夜空に舞う華やかな光の美しさは一度見ると忘れられないとリピーターも多いようです。
注意事項を守って素敵な思い出作りに出かけましょう!
<スポンサーリンク>



大館アメッコ市2017@開催日程・見どころ・交通アクセス

<スポンサーリンク>




今年も、年大館名物アメッコ市がやって来ます。

昔、農家の主婦が米で甘味料としてアメをつくり餅に付けて食べたものを、旧正月に豊年豊作祈願のために「ミズキ」の枝にアメをつてけ、「稲穂」のかわりに神前に供えるようになりました。

また農家以外でも健康と幸福を願い、この日にアメを食べ始めたために農家の主婦が、このアメを町で売るようになったのがアメッコ市の始まりと言われています。

■大館アメッコ市 開催概要

・開催日     2017年2月11日(土)~12日(日)

・開催時間    2017年2月11日(土)  10:00 ~ 17:30
         2017年2月12日(日)   9:00 ~ 15:30

・会場      おおまちハチ公通り

・入場料        無料
<スポンサーリンク>



■アクセス(電車)

祭り期間中はJR大館駅と会場の間をシャトルバス運行予定です
★行き
 大館駅→御成町2丁目→いとく前→会場前(越前歯科前)

★帰り
会場前(越前歯科前)→御成町4丁目→御成町2丁目→御成町1丁目→大館駅 去年参照

■アクセス(車)

東北道十和田湖ICから国道103号経由26km、30分
★交通規制      
11日8時から12日17時まで、会場周辺は交通規制が行なわれます。去年参照

★駐車場        300台、有料です。

■お問い合わせ

   
大館アメッコ市実行委員会事務局   0186-42-4360

当日実行本部 090-6623-7671
             
大館駅観光案内所(JR大館駅内)  0186-57-8120

■見どころ

起源は、天正16年頃と言われています。「この日にアメを食べると風邪をひかない」と伝えられて、節分のように時期の行事として行なわれ続けていました。

昭和47年から、おおまちハチ公通り(昭和47年当時は大町中央通りの名称)で開催され現在に至っています。

田代岱から、白ひげの大神様が吹雪を伴いアメを買いに来ると伝えられています。

また、その様子を再現した「白ひげ大神(しらひげおおかみ)巡行」
そして、今海外でも人気のある秋田犬ですがその秋田犬の「秋田犬パレード」を始めに色々なイベントが二日間に行なわれますので楽しみですね。
<スポンサーリンク>



■白ひげ大神巡行  ハチ公通り往復

2月11日(土)  時間不明
2月12日(日)  時間不明

400年以上続いているアメッコ市、大神様が吹雪を伴いアメを買いに来られその足跡を雪が綺麗に隠してくれるという言い伝えの通りに、当日は雪が降ることが多く吹雪の中アメッコ市が行われることもあります。

※「飴っ子おこう」の物語について
気立てのいい働き娘の「おこう」が「白ひげ大神」に助けられて、病で困っている人のため薬の飴を作るために、夢枕に立つ白ひげじい様から教えを受けて、薬の飴を作る事が出来たという物語です

★秋田犬パレード ハチ公通り往復 
2月11日(土)  時間不明
2月12日(日)  時間不明

★秋田犬ふれあいコーナー  
2月11日(土)  時間不明
2月12日(日)  時間不明

★からみアメ・サービス(無料) ハチ公プラザ付近
※両日とも、1回のみ特設ステージ前にて実施 去年参照
2月11日(土)  時間不明
2月12日(日)  時間不明

★丸髷行列 ハチ公通り往復
2月12日(日)  12:05 ~ 12:50

大館・北秋田地方に伝わる女性33歳の歳祝いは、既婚女性が黒留袖で髪を結うのが習わしでした。

健康に注意するという意味を込めて、厄除け年祝いの2月1日に厄払いをします。
※参加者募集中
年齢不問。丸髷を結い黒留袖を着ての参加になります。
お問い合わせ     美容院ささき  0186-42-9138

★全国アメ即売会 神殿付近 実行委員会売店
2月11日(土)  時間不明
2月12日(日)  時間不明
<スポンサーリンク>



若草山焼き2017年@日程・アクセス・見どころ

<スポンサーリンク>




毎年1月の第4土曜日に行われている若草山焼き。

起源は古く諸説ありますが、若草山頂にある前方後円墳の霊魂を鎮める仙人の祭礼との一説があります。今では観光行事になっていて多くの人が楽しみにしている大イベントです。
山全体に火が回り冬の夜空に炎の山が壮大に浮かび上がる様子は異次元の美しさ。
また山焼きと同時に花火も上がりオレンジ色に染まる華やかさは言葉を失うくらいに感動します。

■若草山焼き2017年 開催概要

<開催日>

2017年1月28日(土)

<開催時間>

18:15 花火 (18:30 山焼き点火)
延期の場合は、翌日29日(日)
※但し、イベント・行列は中止。(山焼き・花火のみ)

<開催場所>

奈良公園内 若草山一帯

<交通アクセス>

【電車】【バス】 
JR奈良駅、近鉄奈良駅→
奈良交通バス市内循環外回り「大仏春日大社前」下車→山麓までは徒歩約15分

【車】 
 〇京奈和自動車道「木津」ICより車で約3分
 〇西名阪自動車道「天理北」ICより車で約5分

『駐車場情報』
 ・県庁前登大路駐車場    275台
・県営高畑駐車場      166台
・プラザパーク大仏前駐車場  30台

※少し離れるとまだ数か所ありますが、当日はかなりの渋滞が予想されますので、できれば公共
交通機関をつかわれることをおすすめします。

<祭事からの流れ>

◇13:00~春日の大とんど 
 飛火野に火炉を設置、
正月に神社に持ち込まれた古いお札やお守り、注連縄飾りなどをお焚き上げ

◇16:45~御神火奉戴祭 
 春日の大とんどより御神火をもらいうける

◇17:05~聖火行列出発
 金峯山寺の山伏による法螺衆が先導、若草山焼きに関係ある奈良奉行所の役人を加え、
総勢45名が厳粛な時代行列

◇17:15~水谷神社松明点火
 水谷神社能舞台付近に設けた松明点火場で、春日の大とんどの聖火を松明に点火

◇17:40~野上神社 祭典
 聖火行列が野上神社のかがり火に点火。続いてその法楽として東大寺・興福寺の読経中、
かがり火から松明に火を移した後、山麓中央に設けた大かがり火に点火

◇18:15~大花火打ち上げ
 県内唯一の「尺玉」花火を打ち上げ

◇18:30~山焼き一斉点火
 奈良市消防団(約300人)が、山麓中央の大かがり火から松明に火を移し、若草山の正面に火を運ぶ。法螺貝・ラッパ・号砲の合図で約33ヘクタール、周囲3800mの草地に一斉点火。

<おすすめビューポイント>

・奈良公園全域(浮雲園地、春日野園地、飛火野など)
・若草山山麓⇒迫力満点の炎が楽しめる
・平城宮跡などもきれいに見えるスポット
<スポンサーリンク>



<そのほかのイベント>

 
ここからは2016年の情報です

★山麓特設ステージ 
  12:30~鹿せんべい飛ばし大会
  17:00~消防団出発式典
  16:00~祝い太鼓
  18:30~ 奉納太鼓

★奈良ほっとスープマーケット
  奈良県産の食材でアレンジした新しい発想のスープで奈良の伝統野菜、素麺、春雨などが入った食べるスープを提供

※山麓イベント並びに特設ステージでの内容は変更または中止になる場合があります。

<主催およびお問い合わせ>
 ・奈良県奈良公園室
0742-27-8677
・当日の開催案内(テレドーム)
0180-991-707

■見どころ

冬の夜空に上がる花火と山焼きの炎の競演は迫力満点で見ごたえあること間違いなし!
少し離れて見る?近くで見る?
どちらも夜空に浮かび上がる若草山の華やかさを楽しめそうですね。
<スポンサーリンク>