バレンタイン2019@逆チョコの選び方と本命への渡し方

バレンタインデーといえば、女性から男性へチョコレートを贈り、気持ちを伝える日。

ところが昨今、巷では“逆チョコ”という文化が生まれつつあるんだとか……。

逆チョコはその名の通り、男性から女性へチョコレートを贈るというもの。

でも、まだまだ一般的ではないので、そのセレクトや渡し方に悩む人も多いことでしょう。そこで今回は逆チョコの選び方や本命女性への渡し方をレクチャーしていきます。



★逆チョコとは?

逆チョコとは、通常女性から男性へチョコレートを贈るバレンタインデーの習慣を、その名の通り逆にして、男性から女性へ贈るチョコレートのことを指します。

かつては愛の告白は男性から行うのが一般的で、女性にとっては自分から思いを告げられる唯一に近いビッグチャンスだったバレンタインデーですが、今や草食系男子の台頭などにより、男性にとっても告白をするチャンスをつかむのはなかなか難しいものです。

逆チョコであれば、バレンタインデーという“口実”があるので、愛の告白がしやすいかもしれませんね。

★逆チョコの選び方

では、逆チョコにはどんなチョコレートが適しているのでしょうか?

バレンタインチョコの定番といえば、やっぱり手作り!?
いえ、正直、それはNGです。

女性からすると、男性からもらう手作りチョコはかなり重い……。ましてとっても上手だったりしたら、女性のプライドを傷つけてしまうことだってあります。

ということで、逆チョコの基本は市販のチョコレート!

しかも、女性が普段自分では購入しないような高級ショコラティエのチョコレートがオススメです。

また、いつものお店のチョコレートであっても、季節限定やバレンタイン限定などの限定品ならば、バレンタインデーという特別な一日にピッタリですよ。



★本命への渡し方の正解は?

チョコレートの準備が整ったら、いよいよ本命の女性への渡し方を考えていきましょう。
ここで重要なのは、本命女性との距離感です。

とっても仲良しだったり、脈ありだと思ったりする相手であれば、渡し方はストレートが一番! 気持ちを伝える言葉とともに、照れることなくチョコレートを贈りましょう。

一方、知り合って日が浅かったり、脈があるかどうか怪しかったりする場合は、“バレンタインだから、逆チョコをしてみた”というバレンタインデーの口実を前面に押し出すのもアリ!

また、逆チョコをする男性はあまり多くないので、相手の女性にプレッシャーをかけないよう、二人きりになる場面で渡すのがポイントです。

いかがでしたか? 今回はバレンタインデーの新習慣・逆チョコについて考えてみました。本命の女性への逆チョコ、成功するといいですね。