バレンタイン2019@低カロリーなチョコレートのタイプと手作りする方法

そろそろバレンタインチョコレートのことを考えるシーズンですね。

2017年はどんなチョコレートをプレゼントする予定ですか?

ところで、もらう側の気持ちを考えてみると、甘くて美味しいチョコレートは、正直、カロリーが気になったりして……。

そこで今回は、カロリーを気にする人に贈るのにもピッタリの低カロリーのチョコレートについてチェックしていきます。



★低カロリーのチョコレートは?

まずは、一般的に言って、どのようなチョコレートが低カロリーなのかを確認しましょう。

例えば、ふわっとした食感が特徴のエアインタイプのチョコレートや、歯ごたえのあるクランキータイプ、とろける口どけの生チョコレートなどが、チョコレートの中では比較的低カロリーなものとして知られています。

また、最近は市販のチョコレートに栄養補助成分をミックスしたものやカロリーを抑えたものも販売されており、そちらもダイエッターにとってはうれしいチョコレートになっています。

★高カロリーチョコレートは?

一方、同じチョコレートの中でも比較的高カロリーなチョコレートだと言われているのが、ビターチョコレートやホワイトチョコレートです。

ビターチョコというと、なんとなくカロリーが低そうなイメージですが、実はミルクチョコレートよりもカロリーが高いんですよ。

なんだか意外ですね。

また、高カロリーのナッツがたっぷり入ったナッツ入りのチョコレートも高カロリーなチョコレートの代表格です。



★低カロリーで手作りするなら?

では、バレンタインチョコレートを手作りする予定の人は、どんなチョコレートを選べば、比較的低カロリーで仕上げることができるのでしょうか?

そのポイントは、チョコレートに低カロリー食材をミックスすること!

例えば、ダイエットの強い味方として知られるお豆腐は、スイーツ作りにもピッタリの食材です。

お豆腐を混ぜたチョコレートブラウニーやチョコトリュフなら、カロリーを抑えることができるので、ダイエット中の人への贈り物にも最適ですね。

また、同じくダイエット食材として定番のおからも◎。

おからはカサを増す役割も果たしてくれるので、おから入りのチョコレートクッキーやチョコレートケーキなら、満腹感もしっかりと味わえ、満足度も高めです。

いかがでしたか? 今回はバレンタインにピッタリのチョコレートのカロリーについて考えてみました。

比較的低カロリーなエアインやクランキータイプのチョコレートをセレクトするのも良し、手作りで低カロリーチョコスイーツを作るも良し。もらう相手が喜んでくれる選択をしたいですね。