カラオケ@卒業式に泣ける曲ランキング★ベスト5

時々無性に泣きたいカラオケをしたくなることがあります。

そんな時筆者は親しい友人たちを集めて、卒業式に泣ける曲縛りのカラオケを実施することにしています。

不思議なことに、世代に関わらず、卒業式を思い出して泣ける曲ってあるんですよね。

そんな泣きたい気持ちのあなたに、今回はカラオケで歌いたい卒業式に泣ける曲をランキング形式でご紹介します。


■カラオケ@卒業式に泣ける曲ランキング

①手紙~拝啓 十五の君へ~/アンジェラ・アキ

一曲目にオススメするのは、実際に卒業式でもよく歌われているアンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓 十五の君へ~」です。

十五歳の繊細な気持ちを歌ったこの曲は、大人になった私たちが聞いてもなお、胸にグッとくるところのある名曲。

しっとりと、でも前を見据える強さを持って歌いたい一曲です。

②ありがとう/いきものがかり

同じく定番の卒業ソングになっているのが、いきものがかりの「ありがとう」。

感謝の気持ちをまっすぐに表現した歌詞は、世代を問わず、多くの人の心に沁み込みます。

いきものがかりの澄んだ歌声も思わず泣ける要素の一つ。
カラオケで歌う時は、歌詞の言葉一つひとつを丁寧に歌うように心がけてくださいね。

③3月9日/レミオロメン

最近、某CMにも使われて、改めて泣き歌としての知名度を高めているレミオロメンの「3月9日」。

ハイトーンボイスが奏でる切ない歌詞に思わず涙ぐんでしまう人も多いのではないでしょうか?

カラオケで歌う際は、高い音を外さないように気を付けつつ、歌い上げましょう。


④贈る言葉/海援隊

一気に古い曲をセレクトしました。

海援隊の名曲「贈る言葉」です。

この歌はシンプルなメロディに熱い歌詞が特徴。

カラオケで歌う時には音程が取りやすいので、初心者にもオススメの一曲なんですよ。

もしもちょっぴり遊び心を加えたい人は、思い切って、武田鉄矢さんの物まねをしながら歌うのもアリ!?

⑤仰げば尊し

最後は、“カラオケに入っているの!”と驚く人もいる、卒業式ソングの定番「仰げば尊し」です。

カラオケには意外にも合唱曲がたくさん入っているんです。

「仰げば尊し」は世代に関わらず卒業式の名曲として知られているので、泣きカラオケをしたい時にはカラオケの参加者みんなで合唱するのも楽しいですよ。

いかがでしたか? 今回はカラオケで歌いたい卒業式に泣ける曲を取り上げました。
泣きカラオケ、しませんか?