ステーキ店チェーン「KENNEDY」(ケネディ)の運営会社ステークスが倒産

東京23区内と横浜市内にステーキ店「KENNEDY」(ケネディ)を展開する株式会社ステークスが、2017年10月2日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請しました。

これにより、株式会社ステークスは、事実上倒産したことが明らかになりました。




「KENNEDY」は、カフェ感覚で利用できるステーキ店をコンセプトと手ごろな価格でに人気を集めていましたが、最近は”いきなりステーキ”をはじめとする激安店との競合が厳しく、売り上げが低迷していました。

「KENNEDY」は、ランチメニュー、ディナーメニューにキッズメニューにハンバーグも提供する等、他のステーキ店より若い客層をターゲットにしていましたが、単一メニューで快進撃している”いきなりステーキ”等に客を奪われていたようです。

■株式会社ステークス 会社概要

・社号
株式会社ステークス(STEAX)

・本社
〒142-0051 東京都品川区平塚1-13-8 グリーンライフ山崎

・創業
1998年1月5日

・設立
2002年1月15日

・資本金
1000万円

・事業内容
牛肉を中心としたレストランの多店舗化。

・店舗
王子店、梅屋敷店、長原店、蒲田店、蒲田東口店、西馬込店、としまえん店
大山店、本蓮沼店、赤塚店、高島平店
中野坂上店、野方店、中野富士見町店、新江古田店
千歳船橋店、三宿店、駒沢R246店 
目黒店、中目黒店、学芸大学店、中目黒宇宙センター
武蔵小山店、笹塚店、横浜関内店

・売上高
平成22年度 売上実績 14億8千万円
平成23年度 売上実績 14億9千万円
平成24年度 売上実績 16億円
平成25年度 売上実績 18億円

・取引銀行
みずほ銀行 中目黒支店
三井住友銀行 桜新町支店
横浜銀行 恵比寿支店