ハロウィン2017@クッキー型をカンタンに手作りする方法

ハロウィンの定番であるトリック・オア・トリート。これに必要なのが仮装したゲストに配るためのお菓子です。

今年のハロウィン、せっかくなら、手作りクッキーを配ってみませんか?

さらに! どうせ手作りクッキーを作るなら、クッキー型も手作りしちゃいましょうよ!! 大丈夫、とってもカンタンにできる方法を今からお教えしますよ。



■お手軽、牛乳パックのクッキー型

まずは、どのお宅にも必ずあるであろう牛乳パックを使ったクッキー型作りです。

牛乳パックを開いて、よく洗い、しっかりと乾かしましょう。

乾いた牛乳パックを帯状にカット。お好みの型になるよう、成型していきます。

折り目を付けるのが難しい箇所は、山折りと谷折りを繰り返す、カッターで薄い線を付けて折るといった方法が有効ですよ。

■何度も使用できるクリアファイルのクッキー型

牛乳パックのクッキー型よりも丈夫なクッキー型を作りたい方におすすめなのは、クリアファイルを使ったタイプ。

牛乳パック同様、クリアファイルをハサミやカッターで帯状にして、好みの型に成型してください。

クリアファイルを折るのは力がいるので、カッターで薄い線を付けつつ、折り曲げましょう。

ちなみに、牛乳パックもクリアファイルも、クッキー型のデザインを考えるのが苦手……という人は、市販のイラストを利用するのがおすすめ。

イラストの外枠に沿って、クッキー型のデザインを作ってみてくださいね。



■シンプルだけど、組み合わせ次第でオシャレに変身するペットボトルのクッキー型

最後にお届けするのは、なんとビックリ、切るだけでできてしまうペットボトルのクッキー型です。

飲み終わったペットボトルを良く洗って、しっかりと干したら、準備完了!

あとは輪切りにするだけです。

普段あまり意識していないかもしれませんが、ペットボトルって、実はさまざまな形があるんです。

円形のものや四角のもの、切る位置によっては、ギザギザ模様になることもあります。

もちろんそのままクッキーを抜いてもいいのですが、もう一歩ユニークなものを作りたい方は、複数のペットボトルのクッキー型を使用して、オリジナルデザインのクッキーを作ってみては?

いかがでしたか? ハロウィンのクッキー作りにぜひ使ってほしい手作りのクッキー型は、牛乳パック、クリアファイル、ペットボトルと、家の中にあるもので作ることができます。難しい工程がないので、キッズと一緒に作るのもおすすめですよ!