上海での乗り継ぎの注意点と時間つぶしの方法

海外旅行でトランジットがある場合、乗り継ぎを待つ時間をどう過ごすかって考えますよね?

せっかくなら乗り継ぎ地の街を散策してみたいと思う人も多いでしょう。

そこで今回は中国・上海で乗り継ぎ予定の方に向け、時間つぶしの方法を伝授します。



■上海での乗り継ぎの注意点

上海での乗り継ぎは144時間以内の場合、ノービザでの滞在が可能です。

空港の外に出るためには入国手続きが必要となります。

上海には、市郊外にある浦東空港と、市中心部の西にある虹橋空港の2つの空港があるので、それぞれどちらの空港からの乗り継ぎなのかを確認しておく必要があります。

2つの空港は地下鉄で移動することができますが、時間は約2時間程度かかります。

タクシーの場合は1時間半弱で2つの空港間を移動することができます。



■乗り継ぎ時間数時間~半日程度の場合

まずは上海での乗り継ぎ時間が数時間~半日程度の場合のオススメの時間つぶしの方法をお教えしましょう。

それは、空港の外に出ないこと! 残念ですが、上海の空港はどちらも常に混雑しているほか、市内も観光スポットは特に多くの人で溢れています。

数時間で観光をするのはよっぽど旅慣れていて、上海の地理に詳しい人でもなかなかハードルが高いものです。

空港内には免税店のほか、上海名物の小籠包などを楽しめるレストラン、マッサージ店(ただし値段はお高め)などがあるので、数時間~半日程度の乗り継ぎ時間であれば、潔く空港内で過ごすのがベター。

どうしても外に出たいという場合は、浦東空港であれば上海の金融街で、多くのランドマークのある浦東・陸家嘴エリアでの観光、虹橋空港であれば中国らしいお寺のある静安寺エリア程度までの観光がオススメです。

■乗り継ぎ時間半日~1日程度の場合

一方、乗り継ぎ時間が半日~1日程度ある場合は、ぜひ市中心部に観光に出かけましょう。

上海観光のメインとなるのは、人民広場エリアです。浦東空港、虹橋空港どちらからも地下鉄2号線でアクセスすることができ、川沿いに租界時代の建物が並ぶ外灘や、歴史を学べる上海博物館、お土産選びにピッタリの豫園など、いくつかの観光スポットがあります。

タクシーでもワンメーター程度の距離なので、お目当てのスポット+α程度の観光プランがオススメですよ。

このエリアには、市民にも愛される上海料理店も多く、グルメな方にもピッタリ!

いかがでしたか? 今回は上海での乗り継ぎを予定している人に向け、オススメの時間つぶしの方法を伝授しました。ぜひ参考にしてくださいね。