月別アーカイブ: 2017年2月

弘前さくらまつり2017年@日程・見どころ・開花予想

ゴールデンウイークに見ごろを迎える弘前のさくらまつり、毎年多くの観光客でにぎわいます。

日本一といわれる弘前の桜ですが、ひとつの花芽からいくつもの花が咲きもこもこと迫力のある花付きが特徴です。
特に弘前城と満開のさくらが醸し出す風景は、見事としかいいようがありません。
お祭り商店街西参道商店街振興組合-お祭りプラザ-お祭り紹介-弘前さくらまつり5
この風景だけでも遠方からわざわざ出かける価値があると思います。

幾重にも咲き誇る青森を代表するリンゴから生まれた剪定方法から生まれました。
「さくらをめでるお祭り」を楽しみましょう。
<スポンサーリンク>



■弘前さくらまつり2017 開催概要

<開催日程>

4月22日(土)~5月7日(日)

<開催場所>

弘前公園

<交通アクセス>【電車】

東京方面:はやて(3時間20分)→新青森=特急つがる(30分)→JR弘前駅

★弘前駅から徒歩で約20分

★弘前駅前からバスも運行されています。
 弘前駅前→土手町循環100円バス(約10分)→弘前公園

※10:00~17:00まで10分ごとに運行しています。

<交通アクセス>【車】

 東京方面:東北自動車道(9時間)→大鰐IC→国道7号線→弘前

■駐車場情報

期間中は無料の臨時駐車場が用意されます。

公園付近はかなりの混雑が予想されます。
事前に公式ホームページより場所を確認されることをおススメします。
http://www.hirosakipark.jp/sakura/

他にも弘前公園周辺に数か所有料駐車場がありますが
収容台数があまり多くありませんので、できれば公共交通機関をご利用される方が安心です。

■開花予想

2017年2月16日にウェザーマップ社が発表した青森県地方のさくらの開花日ですが、4月20日ごろとなっています。

昨年よりは遅くなるものの、平年と比べて3日早い見通しとなっていますので
ほぼ昨年通りの期間、さくらが楽しめそうです。

※開花予想・状況につきましては、随時、情報をお知らせします。

■弘前さくらまつりの楽しみ方

◆手ぶらで観桜会(かんおうかい)

楽しいお花見にはつきものの面倒なセッティングや重い荷物の持ち運びや
後片づけなど面倒なことはすべてスタッフが代行。

青森の郷土料理や地酒を楽しみながらお花見を楽しむことができるので好評です。

会場は弘前公園内のピクニック広場。時間は90分間です。

スタッフと指定集合場所にて合流後、お好きな場所をお選びください。
お弁当やお飲みもの、敷物などを準備・配達いたします。

※お申し込みは事前のご予約が必要です。
http://sakura.hirosakipark.jp/からお願いします。

※園内ではゴザの貸し出しもしています。10:00~20:00 1枚500円(下乗橋前休憩所)

◆ライトアップ 18:30~22:00

園内ではライトアップも行っています。

昼の桜とはまた違った魅力の夜桜ライトアップ。
幻想的な美しさの桜を楽しめます。 

弘前城をバックに咲く桜も見ごたえがあります。

◆出店、露店など

約200の出店が軒を連ね、9:00~21:00まで営業。

定番のお団子やいちご飴、津軽伝統の生姜味噌おでんや黒こんにゃくなど、たくさんの食べものが販売される予定です。

<弘前さくらまつりに関するお問い合わせ>
社団法人 弘前観光コンベンション協会(弘前市立観光館内)
TEL:0172-35-3131

■まとめ

ソメイヨシノ、しだれ桜など約2600本が咲き乱れる弘前の桜、青森の郷土料理や地酒を楽しみながらのお花見が手ぶらで行けるのは嬉しいかぎりです。

家族や友達を誘って今年のGWはぜひ出かけましょう!
<スポンサーリンク>