本能寺ホテル(映画)@あらすじ・キャスト・原作情報

トヨトミの次はノブナガ!『プリンセス・トヨトミ』の製作チームが、今度は日本史上最大の謎「本能寺の変」に迫ります。



■本能寺ホテル(映画)の原作はなし オリジナル作品

『プリンセス・トヨトミ』は万城目学さんの同名小説を原作としたものでしたが、今作は完全なオリジナルストーリーとのこと。

本能寺をテーマにした小説は無数にありますので、そのうちのどの作品かを参考にしたのかと思っていましたので意外な感じです。

本能寺(映画)は脚本を担当する相沢友子さんのオリジナル作品ということになります。
しかし、コメディでも定評のある堤真一さんと綾瀬はるかさんのW主演、数々の人気ドラマや映画『HERO』を手がけた鈴木雅之監督との再タッグということで、くすりと笑える歴史エンターテインメントとなることは間違いなさそうです。

また、今作から参加となるキャストも、濱田岳さん、平山浩行さん、風間杜夫さんなど安定感のある顔ぶれ。

『プリンセス・トヨトミ』は大阪が舞台でしたが、今回は全編京都で撮影。

もしこのチームの次回作があるとしたら、モデルはやっぱり徳川家康?となるとロケ地はかつての江戸、東京となるのでしょうか?

そんな妄想もふくらむ『本能寺ホテル』2017年1月14日(土)より全国東宝系にて公開です!



■本能寺ホテル(映画)キャスト一覧

・監督
鈴木雅之

・脚本
相沢友子

・音楽
佐藤直紀
※映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラックは、2017.2.22に発売予定です。
映画「本能寺ホテル」オリジナル・サウンドトラック

・キャスト
綾瀬はるか/倉本繭子

堤真一/織田信長

濱田岳/森蘭丸

平山浩行/吉岡恭一

田口浩正/大塚

高嶋政宏/明智光秀

近藤正臣/吉岡征次郎

風間杜夫/本能寺ホテル支配人

・公開日
2017年1月14日(土)全国ロードショー



■本能寺ホテル(映画)のあらすじ

1582年、京都で起きた歴史上最も有名で、最も謎につつまれた大事件「本能寺の変」。

婚約者の両親の金婚式を祝うため、京都にやって来た倉本繭子(綾瀬はるか)は、手違いで予約していたホテルに泊まれず、京都の路地裏に佇むレトロな宿「本能寺ホテル」に宿泊することに。

しかし、そのホテルのエレベーターは、1582年の本能寺につながっていた。

そこには天下統一を目前に控え、森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団とともに滞在していた織田信長(堤真一)が。

400年後の現代からやって来た繭子を警戒していた信長だったが、徐々に交流を深めていく。

やがて繭子は迷い込んだその日が「本能寺の変」の前日であることに気づき、その運命を信長に伝えようとするが‥‥。

今、日本史最大のミステリーに隠された真実が明かされるー。

織田信長が明智光秀の裏切りにあい自害したとされる「本能寺の変」はとても有名な事件ですが、いまもなお解明されていない多くの謎があります。

見つからなかった信長の遺体、明智光秀の謀反の理由、突然の出来事だったにも関わらず迅速すぎる秀吉の行動‥‥今作ではどのような謎解きを見せてくれるのでしょうか?

予告編で映される金平糖や胃腸薬といったアイテムが、どのように謎に絡んでくるのかも気になるところです。

また、『プリンセス・トヨトミ』で見せてくれた奇想天外でファンタジックな世界観も健在。

レトロで洋風な「本能寺ホテル」と、400年前の戦国時代の「本能寺」、豪華なセットで描き出される2つの京都をタイムトラベル気分で楽しめそうです。

『本能寺ホテル』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=mJW305CadBg