コンビニ別のおでんの買い方とオススメの種一覧

寒い冬の必需品といえば、おでん!
今では各コンビニエンスストアのレジ前に、ほかほかの湯気を立てるおでんが用意されています。

実は、私はひところは”コンビニのおでんなんて不味いに決まっている”と決めつけていて、買う習慣がありませんでしたが、2,3年前、恐る恐るセブンイレブンの”おでん”を買ってみたのが、期待以上の美味しさでした。

以降、冬になるとコンビニで”おでん”を買うのが習慣となっています。

最近では、”赤いウインナーが目印の?屋台のおでん派”から、”コンビニおでん派”に完全に転向しました。

そこで今回はコンビニ別のおでんの買い方とオススメの種をご紹介します。



■コンビニでおでんの買う2つの方法

まずはコンビニで販売されているおでんの購入方法を見ていきましょう。
コンビニのおでんの買い方は2通りあります。

一つ目の買い方は店員さんに頼んで、自分の欲しいおでん種を伝える方法。
二つ目の買い方はセルフ方式で、自分の欲しいおでん種を自分で器に盛りつけ、
レジで精算をする方法です。

おでんを買うのが初めてという場合は、店員さんに欲しい”おでん種”を伝えて
購入するのが良いでしょう。

おでんは、種の好き嫌いがはっきり分かれますので、自分で選ぶのが理想ですが
店が込み合っている場合は、レジに大渋滞が発生しかねませんので、要注意です。

どうしてもセルフでというなら、店がすいている時間に行きましょう。

ちなみに、西日本のコンビニと東日本のコンビニでは、おでんの味を変えています。
西が薄味、東が濃い味です。

筆者は東がホームですが、西にいたときにコンビニで”おでん”を買おうとしてみたら
汁が透き通った色をしていましたので、”西と東で味を変えているのか?”と尋ねたら
親切にも私の分をとった器の汁に醤油をたしてくれたことがあります。

ただ、このようなサービスは、たまたま親切な店員さんだったからだと思いますが。




これまでの経験から、コンビニ別にオススメのおでん種をご紹介します。
コンビニのおでんというより、おでんの定番としては、以下の3つがあります。

白紙の状態でコンビニにいくと、何を選ぶか迷うと思いますので、どこの
コンビニにいっても、定番と他にすきな種を選ぶという買い方をお薦めします。

■コンビニおでんの定番の3つの種

・だいこん

・玉子

・ちくわ

特にだいこんは、おでんの出汁が一番浸み込んでいますので、食べ比べすれば
どこのコンビニが美味しいかわかると思います。

コンビニ別のオススメおでん種は下記の通りです。
あくまでも筆者の嗜好によるものですのでご参考までに。

■セブンイレブンのオススメおでん種

セブンイレブンでは昆布だしとカツオだしをベースにしたおでんを販売しています。
地域による味覚の差を考慮し、だしに地域差を付けるなど、細やかな気配りもうれしいですね。

そんなセブンイレブンでのオススメおでん種は、ふんわりだし巻き玉子、鶏と野菜のさつま揚げ、たこ串です。

ふわっとした歯ごたえのだし巻き玉子は、自慢のだしをたっぷり吸って、絶品に。ボリュームあるおでん種を食べたい人には鶏と野菜のさつま揚げが◎。

食感が楽しめるおでん種が好きな人にはたこ串をオススメします!
20150805142643

■ローソンのオススメおでん種

国産の昆布とカツオだしで優しい味わいを出すローソンのおでん。

こちらも地域により、味に変化をつけるこだわりが見え隠れします。

そんなローソンでオススメのおでん種は、炭火焼鶏ささみ串、湯葉だんご、さぬきうどん!
炭火焼鶏ささみ串は、炭火ならではの香ばしさを感じられると同時に、食べごたえも抜群です。

ふわっと優しい口当たりの湯葉だんごは、女性にぜひ食べてほしい一品。
yjimage
通常のおでんだけではお腹いっぱいにならないのでは……という方には、
新感覚の〆のさぬきうどんをどうぞ。



■ファミリーマートのオススメおでん種

コクのあるだしがおでん種にしっかりしみこんだファミリーマートのおでん。
201508280004
こちらのオススメおでん種は、国産厚切大根と鶏つみれ(山椒入り)、国産こんにゃくです。

独自の過熱製法で厚切なのに、中までしっかりととろけるような食感の国産厚切大根は、おでんの王道!

山椒の風味が効いて、お酒のおつまみにもピッタリなのは、鶏つみれです。

さらに、カロリーは低いのに、食べごたえ抜群の国産こんにゃくも必食!

おでんだしと相性の良い調味液で事前に味をつけることで、より豊かな風味が口いっぱいに広がります。

いかがでしたか? 今や冬の風物詩ともいえるコンビニおでん。

各社とも、さまざまな工夫を凝らした絶品おでんを用意していますので、ぜひ食べてみてくださいね。