柏の葉T-SITE@2017年1月中旬オープン・テナント・求人情報

カルチュアコンビニエンスクラブ(CCC)が企画・運営する商業施設の
T-SITEが、千葉県柏市のつくばエキスプレス 柏の葉キャンパス駅近くの柏の葉スマートシティエリアに柏の葉T-SITEとして2017年1月中旬にオープンする予定です。



■柏の葉T-SITE 店舗概要

・エリア
千葉県柏市正連寺595 中央139街区1、千葉県柏市若柴227-7 中央142街区1
20140627_04
・交通 アクセス
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅 徒歩9分

・敷地面積
約12,000m2

・延床面積
約6,456m2(西側:3,996m2、東側:2,460m2)

・テナント
蔦屋書店、スターバックス、レストラン、ショップ、カルチャースクールT-KIDSほか

・オープン予定日
2017年1月中旬



■T-SITEとは、

T-SITEは、CCCが運営する商業施設で2011年に東京・代官山に1号店をオープンさせ、全く新しいスタイルの書店として注目を集めました。

その後、湘南、大阪の枚方市に店舗をオープンさせています。

T-SITEは、蔦屋書店とスターバックスをコア店舗にした商業施設で、コア店舗以外のテナントは出店する地域の住民の年代・ライフスタイル等を事前に調査したうえで、決定しています。

ですので、同じT-SITEといっても代官山と駅前百貨店を標榜する枚方のT-SITEでは、店舗のコンセプトもテナントの構成も異なります。

その点、全国に出店しているイオンモールが地域差をあまり感じさせないことと全く対照的です。



■柏の葉T-SITEのコンセプト

柏の葉T-SITEの開発に関わった担当者は、柏の葉エリアへの出店にあたり、店舗周辺の地域特性を徹底的に調べた結果、重要な要素が”家族と子供”であると認識.

店のつくりにもテナント構成も”子供”を意識した開発を進めたとしています。

このようなコンセプトに基づき、テナントの顔ぶれは判明したもので
以下のようになります。

■柏の葉T-SITEに出店する主なテナント

・蔦屋書店

・スターバックス

・KOE

・携帯ショップ

・ポーネルンド あそびのせかい 子供の遊び場 

・カルチャーセンターT-KIDS
他レストラン等飲食店

柏の葉T-SITEは、”蔦屋書店+スタバ”によるブックカフェがキーテナントであることは共通していますが、子供向けのポーネルンド あそびのせかいを出店させることで、地域特性に配慮しています。

また、携帯ショップに関してはスマートフォンを主体とした売場となると説明していますのでアップルストアが出店するのではないかという予測もされていますが
アップルストア自体は、求人をしていませんので可能性は低いのではないかと思います。
商業施設といってもイオンモールやららぽーとのように100店舗以上が出店するということはありませんので、全テナントは10店舗前後になると見込まれます。

■柏の葉T-SITE オープニングスタッフ求人情報

柏の葉T-SITEでは、現在、オープニングスタッフを募集中です。
12月10日(土)、11日(日)に採用説明会が行われる予定です。
※詳細は公式HPでご確認ください。

一部テナントは、アルバイト求人サイトから応募可能です。
下記のサイトにアクセスして、
①エリアで千葉を指定
②フリーワード検索で柏の葉T-SITEで検索すると求人情報にアクセスできます。
★アルバイトEX
最大1万円のお祝い金!
Wお祝い金で最大4万円!
バイト求人【アルバイトEX】

■まとめ

柏の葉T-SITEのこれまでのT-SITEとの違いは「柏の葉スマートシティ」といういわば人工的に”作られた街”に出店することです。

”作られた街”は往々にして、食事でいえば”箸休め”のような空間がないといわれます。柏の葉T-SITEは、子供をキーとして地域の交流等も実現できる空間を提供することも目的にしています。

新住民・近隣の大学生をはじめとする若い世代・子育て層がコアとなっているという点で大人の街代官山とは全く異なるキャラの街、柏の葉でどんなT-SITEがオープンするのか楽しみです。