ranmaru 神の舌を持つ男(映画)鬼灯デスロード編@キャスト・あらすじ・ロケ地情報

あのドラマ『神の舌を持つ男』がまさかの映画化!
2016年7月~9月にTBS系金曜ドラマとして放映された、「神の舌を持つ男」の映画版が早くも登場。

映画版のタイトルは『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編』。

この異常に長いタイトルからして、ドラマ版に引き続き、原案・監督を務める堤幸彦ワールド全開といった感じです。



■キャスト

キャストは、主演の向井理さん、レギュラーメンバーの木村文乃さん、佐藤二郎さんに加え、今回のマドンナ役に木村多江さん、温泉旅館の若旦那役に市原隼人さん、女将役に財前直見さんなど多彩な顔触れ。

■ロケ地

撮影は、静岡、京都、山梨などオールロケで行われたそう。
スケールアップした世界観をスクリーンで観られるのはドラマファンには嬉しいですね。

■ranmaru 神の舌を持つ男(映画)鬼灯デスロード編 作品情報

・公開日 2016年12月3日

・キャスト
監督 堤幸彦

出演
向井理 木村文乃 佐藤二朗 市原隼人 黒谷友香 財前直見 木村多江 岡本信人
渡辺哲 矢島健一 春海四方 落合モトキ 永瀬匡 中野英雄

・配給 松竹

■予告編

『RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!
略して…蘭丸は二度死ぬ。

鬼灯デスロード編』予告編

■あらすじ

あらゆる物質を舌で味わうだけでその詳細な化学成分を言い当てる「絶対舌感」を持つ男・朝永蘭丸(向井理)。

唯一、口内細菌を気にすることなくキスできる相手に失恋し、傷心の旅の末、人里離れた村・鬼灯(ほおずき)村にたどり着く。

温泉で溺れた蘭丸を人工呼吸で助けてくれたのは、村の女医・りん(木村多江)。

新たな「口に合う女性」に出会った蘭丸は、伝説の三助の孫であることを生かして、村の温泉で働くことにする。

甕棺墓光(木村文乃)と宮沢寛治(佐藤二朗)は蘭丸を追って村にやって来るが、彼らが行く先々ではなぜか事件が起こる!

謎の老婆…謎の黒水…謎の鬼火…怪しい村で起きた殺人事件。

殺されたのはりんと恋仲だと噂されていた卜真(うらない・まこと)(永瀬匡)だったことから、たちまちりんに疑惑の目が向けられる。

りんは事件と関係しているのか?
伝説と事件がつながる時、真犯人が暴かれる―。



■見どころ

『トリック』『SPEC』など大ヒットシリーズを生み出してきた堤幸彦監督。

堤監督と言えば、次々と繰り出されるハイブローなギャグと、PVや漫画のようなカメラワークや効果音、テロップなどを使った独特な世界観が特徴です。

今回も思わずにやっとしてしまう作品となっていることでしょう。

また、次々と濃いキャラクターが登場するのも、堤ワールドの特徴のひとつ。

普段の印象とかけ離れた大物俳優の姿に驚愕した人も多いのではないでしょうか。

今作では、多彩なキャスト陣がどんな表情を見せてくれるのかも見どころになりそうです。