喪中はがきの出す時期と切手のマナー@オススメの切手ご紹介

家族や親族に不幸があった場合、葬儀や法要、故人の遺品の整理など、やるべきことはさまざま。故人を失った悲しみはもちろんですが、あまりの忙しさも相まって、やらなければならないことを忘れてしまう場合もあります。

その代表格の一つが喪中はがきです。

喪中はがきを送ることは覚えていても、喪中はがきにまつわるマナーは意外と知られていません。今回はそんな喪中はがきにある、切手のマナーについてお伝えします。



■喪中はがきとは?出す時期はいつ?

喪中はがきは、一年以内に親族などに不幸があった人が送る、年賀状欠礼への挨拶です。
これまで年賀状のやり取りがあった相手に向け、年賀状の準備を始める前である12月初旬頃までに送りましょう。

その内容は故人が亡くなったこと、年賀状を欠礼することなどの定型文が一般的ですが、間柄が親しい場合には、はがきの脇にプライベートな近況を書き添えても構いません。

以前筆者がいただいた喪中はがきには手書きで“辛いけども、いつまでもこうしてはいられないので、飲みに誘ってください”と書き添えてあり、胸が締め付けられる思いをしたこともありました。

■喪中はがきの切手のマナー

さて、では実際に喪中はがきを送る際には、どんなマナーがあるのでしょうか?

それは、喪中はがきの切手にまつわるマナーです。

少し想像してみてください。

喪中はがきの切手がキュートなキャラクターものやおめでたいお正月の切手ではやっぱりちょっと違いますよね?

というわけで、郵便局には弔辞用の切手が用意されています。

色合いを落としたこのタイプを私製のはがきに貼って送るのが、喪中はがきのマナーとなっているんですよ。



■最近はこんなパターンも

ただし、最近では私製はがきに弔辞用の切手という組み合わせではない喪中はがきもよく見かけます。

それが官製はがき(切手付きのはがき)を使用したものです。

特に多くの方が使用するのが、胡蝶蘭の切手の官製はがき。
kansei
これは特に弔辞用に出されているわけではありませんが、落ち着いた雰囲気なので、今では多くの方が喪中はがき用に使用しているんだそうです。

ただし、年配の方やマナーに厳しい方にとっては、“喪中の時期にも、あなたのことを思い出して、切手を貼りましたよ”という手間を重視する習慣を大切にしている人もいますので、官製はがきを喪中はがきとする際にはお気を付けください。

いかがでしたか? 喪中はがきの切手には独特のルールがあることが分かりました。

いざ喪中はがきを出す立場になった時には、要注意です。