22799621905_6722257c86_z

昭和記念公園 紅葉2016@見ごろ時期と紅葉まつりの開催日程

総面積が東京ドーム約39個分の広さで、昭和天皇ご在位50周年に作られた国立昭和記念公園、毎年この時期見事なカエデやモミジなどの紅葉を楽しめる秋のまつりが今年も開催されます。




高さ20m以上のイチョウの木が300m続く「うんどう広場」、立川口近く「カナール」の200mにわたって続くイチョウの並木道、日本庭園のモミジなど変わりゆく色や深まりゆく秋をゆっくりと散策しながら家族みんなで楽しめます。

昭和記念公園の紅葉は、12月上旬ごろまで楽しめますが、11月5日から27日まで黄葉&紅葉まつりが行われます。

昭和記念公園は、イチョウの葉の黄葉も見事で紅葉と合わせて楽しむことができます。
中には、紅葉より黄葉のほうが見ごたえがあるという方もいらっしゃいます。

■昭和記念公園 黄葉&紅葉まつり2016 開催概要

・開催期間
2016年11月5日(土)~11月27日(日)の予定
お問い合わせ 国営昭和記念公園管理センター(042-528-1751)
※お出かけの前に必ず公式HP等でご確認ください。

・開催時間(開園時間)
9時30分~16時30分

・開催場所
東京都立川市緑町3173 国営昭和記念公園

・交通アクセス・最寄り駅
【電車】JR立川駅から徒歩2分、又はJR立川駅から徒歩10分

【多摩都市モノレール】立川北駅から徒歩8分

【車】中央自動車道国立府中ICから国道20号経由で25分

・見ごろ時期
国営昭和記念公園の紅葉は毎年10月下旬から色づき始めます。

見ごろは11月上旬~12月上旬頃、ピークは例年11月下旬です。
※ただしその年の気候などよって見ごろの時期が変わることもあります。

・特長、見どころ
主な紅葉樹種「イチョウ、モミジ、サクラ、ケヤキ、メタセコイヤ」など



■おススメスポット

○カナール付近(イチョウ)
立川口を入るとすぐに長さ200mの運河(カナール)と、5つの噴水があります。
その両側に見事なかたらいのイチョウ並木が楽しめます。
%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%82%8b
心もリラクゼーションできるスポットです。

○日本庭園 (カエデ他)
ここの日本庭園は首都圏でも一番大きいもので、日本の伝統の造園技術を落ち着いた雰囲気の中楽しむことができます。

紅葉シーズンではカエデ、ナナカマド、紫式部などの色づきは目にも鮮やかなこの時期ならではの日本庭園の美しさに感動です。
紅葉を見ながらお茶を楽しむことも出来ます。

○うんどう広場 (イチョウ)
道の左右に98本のイチョウが300mに続く景色はぜひ歩いてみたいスポットです。
main_2
※他にもシーズンに合わせて楽しいイベントも企画され、うれしいベビーカーの無料貸し出しやサイクリングでの紅葉狩りも楽しめます。

■入場料(入園料)

大人(15歳以上)410円
小人(小・中学生)80円
シルバー(65歳以上)210円
※小学生未満のお子様は無料。団体料金は割引あり(20人以上)

■駐車場情報

★有料駐車場あり 普通車2,351台収容 (他に大型、原付、自動二輪スペースあり)

・立川口 普通車1,755台、大型車83台、原付・自動二輪70台 障害者等用20台

・西立川口 普通車345台、大型車なし、 原付・自動二輪40台 障害者等用6台

・砂川口  普通車431台、大型車10台、原付・自動二輪18台、障害者等用6台

★駐車場料金(1日の料金) 
普通車820円 大型車1,750円 原付、自動二輪260円 

※紅葉シーズンの土日祝日は駐車場が混雑することがあります。出来る限り公共交通機関のご利用をおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です