おみくじの順番や番号の意味・引いた後の取り扱い方

神社仏閣でつい手を伸ばしてしまうおみくじ。

引いたおみくじの内容によって、とってもハッピーになったり、気持ちを戒めたりと、日本人にとっておみくじはとても親しみのあるものです。

でも皆さん、おみくじの正しい順番や番号の意味、
おみくじを引いた後の取り扱い方について、しっかりと把握していますか?

今回は改めておみくじについて考えてみたいと思います。



■おみくじの順番や番号の意味

おみくじには、吉や凶といった言葉が書いてあります。

多くの人が大吉がラッキーで、凶はあまり良くないと認識していることでしょう。

おみくじの順番は、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶という並びが一般的だといわれています。

■神社仏閣によって異なる”おみくじ”の順番

一部の神社仏閣では、これらに加えて、半吉や平、小凶、大凶などさらに細分化した順番を採用していることも。

また、大吉、中吉、小吉、吉、末吉……と、吉の順番が異なっている場合もあります。

これらは神社仏閣により考え方が異なりますので、気になった方は積極的に神主さんやご住職に話を聞いてみましょう。

きっと、その神社仏閣ならではの宗教に基づいた考え方を聞くことができますよ。

ちなみに、〇番といった番号が振られていることもありますが、その番号の順番と、おみくじの順番には関係性はあまりないといわれているので、何番を引いたかというのは、あまり気にしなくても大丈夫ですよ。

■おみくじの取り扱い方

では、実際におみくじを引いた後、そのおみくじはどうすれば良いのでしょうか?

人によって、そのまま持ち帰るという人と、神社仏閣の木々などに結び付けて帰るという人がいます。

これ、おみくじの取り扱い方としてはどちらも正解です。

おみくじを持ち帰って、常に大切に持つことで、おみくじの内容を心に留めておくことができるので、持ち帰ってもOK。

持ち帰ったおみくじは、おおよそ1年をめどに、もう一度神社仏閣を訪れ、お礼とともにおみくじを収めましょう。

一方、良くないことが書いてあったおみくじの場合、神社仏閣の木々に結ぶことでさらにご加護を願うという考え方もあります。

引いた後のおみくじをどう取り扱うかは、訪れる神社仏閣によって決められている場合もありますので、おみくじの順番を神主さんやご住職に聞いた際に、合わせてその後の取り扱い方について聞いてみるのもおすすめです。

いかがでしたか? おみくじの順番の典型は、大吉、吉、中吉、小吉、末吉、凶だということが分かりました。

おみくじを持ち帰るにしろ、木々に結びつけるにしろ、その内容をしっかりと心に留め、神仏への感謝を忘れないことが一番大切なのかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です