ゆうちょ銀行の口座開設方法と必要書類一覧

新生活を始める際、まず始めにしなければならないのが、銀行口座の開設です。

今回は、日本全国津々浦々に多数の店舗を持つゆうちょ銀行の口座の開設方法と、必要な書類についてお伝えします。



■ゆうちょ銀行の口座開設方法

ゆうちょ銀行で口座を開設したい場合、必ず本人が最寄りの郵便局に出向く必要があります。残念ながら、ゆうちょ銀行ではネット上からの口座開設は受け付けていません。

また、本人以外の人が口座を開設することもできません。
013-01

★“最寄り”の郵便局で口座開設が原則

一つ気を付けていただきたいのは、“最寄り”の郵便局であるという点。

家や職場の近くであることも、口座開設の条件の一つになっています。

家にも職場にも近くない場所での口座開設は、その理由などを明確に説明する必要があるので、気を付けましょう。

■窓口での手続き

では実際に、窓口でどんなやり取りがあるのでしょうか?

まずは口座開設の意思を窓口に伝えます。

その後、書類に氏名や住所などの必要事項を記入し、本人確認を実施。

問題がなければ、初回の預り金1円以上を窓口に払い、印鑑を提出。
口座開設の手続きをしてもらってください。



■本人確認書類とは?

さて、窓口に提出すべき本人確認書類はどんなものが有効なのでしょうか?

基本は写真付きの身分証明書となります。免許証やパスポート、障碍者手帳などがこれに該当します。

最近登場したマイナンバーカードも有効。

でも、もしも写真付きの身分証明書がない場合は、保険証、国民年金手帳、母子手帳などでも可能。

ただし、これらを使用する場合は、一種類ではなく、複数種を提出する必要がある場合もあるので、留意してください。

また、これたの本人確認書類は、もちろんすべて有効期限内であることが必須です。

期限のないものに関しては、原則発行から6か月以内のものが有効となります。

ちなみに、書類以外に必要な印鑑は、実印である必要はありません。

★認め印も使用可

認め印などでも口座を開設することは可能ですので、無くしにくく、覚えておける印鑑を選ぶことをおすすめします。

いかがでしたか? 全国各地にあるゆうちょ銀行の口座は、一つ持っておくととっても便利!

有効な本人確認書類と印鑑、1円があれば、窓口で即日開設することが可能ですので、まだ口座を持っていない方は、ぜひ開設しておきましょう。

本人確認書類の詳細については、ゆうちょ銀行の公式ホームページにより詳しく解説してあるので、そちらも参考にしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です