ゆめタウン江津@グリーンモールを再生して2017年夏オープン

有用な経営資源を有しながら、過大な債務を負っている中小事業者等の事業再生支援を目的とする官民ファンドの株式会社地域経済活性化支援機構(東京都千代田区)は、厳しい経営が続いている経営島根県江津市の商業施設グリーンモールについて、再生支援を決定。
中国地方が地盤の大手スーパーイズミ(広島市)が事業を承継、ゆめタウン江津として2017年夏オープンすることを明らかにしました。




■ゆめタウン江津 概要
・現在の名称  ショッピングタウン グリーンモール

・住所     島根県江津市喜久志町2306-30

・敷地面積   23,612㎡

・建物面積   15,608㎡

・オープン予定 2017年夏

・駐車場台数  577台

グリーンモールは1981年の創業で江津市の小売業者で組織する協同組合が運営。人口減少や施設の老朽化等で厳しい経営が続いています。

地域経済活性化支援機構によれば、今後、イズミ(広島市)などが出資する新会社が経営権を取得。ゆめタウン江津として2017年夏にオープンするということです。

イズミ側としては、現在、山陰地方でゆめタウン4店舗、ゆめマート2店舗を運営しており、山陰エリアにおけるドミナントの強化が見込めるということで経営支援に乗り出すとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です