ガストの新メニュー・価格一覧(2016年6月13日)

すかいらーくが展開する、国内最大のファミリーレストランガストは、2016年6月15日(水)からグランドメニューを変更し,約50種類の新メニューが登場しました。




■グランドメニュー変更点の主なポイント
①麺類について、糖質ゼロ麺に変更可能
冷やしサラダタンタン麺と1日分の野菜のベジ塩タンメンについて
希望により、糖質ゼロ麺に変更することができます。

②ハンバーグを20%増量
ガストの自家製ハンバーグが20%増量しボリュームアップ
③プラス100円でハンバーグをチーズinに変更可能
プラス100円のマークがついたハンバーグメニューについてチーズinに
変更することができます。

新メニューは、。「ボリューム」・「驚き」・「懐かしさ」・「健康感」の4つの切り口で、メニューを設計・具体化しています。
特に驚くのはガスト史上最高(値段ではなく料理自体の高さ)と称される2枚のハンバーグと2種のソースの組み合わせのオニオンリングハンバーグ。
食べきれそうもない場合は、2人で注文してみるのも良いかもしれません。
スイーツでは、器にアイスやケーキなどをトッピングして、“混ぜて””食べて”を繰り返して味の変化が楽しめますストーンアイスパフェの人気が出そうです。

■ガストの主な新メニュー・価格一覧
★ボリューム重視メニュー
1. 10カラ和膳  899円
唐揚げ10個でボリューム満点の和膳。店内で食べきれない場合は持ち帰り容器が提供されます。
和膳
2. てりタルハンバーグ&チキン南蛮 749円
ハンバーグの甘辛いてりやきソースとチキン南蛮のタルタルソースの組み合わせ。
てりタルハンバーグ&チキン南蛮
3. 豚ロースのカツカレー 749円 /大盛り 849円
  サックサクのとんかつにカレールーの相性抜群。
  普通or大盛り(ライス大盛り+ルー1.5 倍)が選択可能。
豚ロースのカツカレー 
★驚きメニュー
4. オニオンリングハンバーグ 849円
 ガスト史上最高。2枚のハンバーグと2種のソースの組み合わせ。
オニオンリングハンバーグ
5. 洋食屋のジャンボチキンカツ 599円
大きなチキンカツにケチャップパスタとキャベツを添えた ボリューム満点の一品です。

6. ストーンアイスパフェ 499円
キンキンに冷やした器にアイスやケーキなどをトッピングして、“混ぜて””食べて”を繰り返して味の変化が楽しめます。

★懐かしさメニュー
7. チキテキ・ピリ辛スパイス焼き 599円
一味唐辛子、山椒、ガーリックパウダー、ブラックペッパーなどを配合したオリジナルスパイスダレを若鶏に絡めて焼き上げ。

8. トンテキ 799円
パルマ高原豚を、特製トンテキソースとフライドガーリックで仕上げ。ガッツリご飯がすすむ一品。

9. まぐろと釜揚げしらすの彩り丼[味噌汁付き] 899円
いろいろな味と食感を一つの丼で楽める。
まぐろと釜揚げしらすの彩り丼
★健康感メニュー
10. 冷やしサラダタンタン麺 599円【+50円で「糖質0麺」に変更 649円】
程よい酸味と辛みの胡麻ベースの冷やしタンタン麺。糖質0麺への変更で、通常よりも糖質量とカロリーを抑えられます。
1日分の野菜のベジ塩タンメン
11. 1日分の野菜のベジ塩タンメン699円【+50円で「糖質0麺」に変更 749円】
  10種類以上の野菜をたっぷりのせた塩タンメン。糖質0麺への変更で、通常よりも糖質量とカロリーを抑えられます。

12. マンゴーとマスカルポーネのバニラアイスケーキ 399円
 糖質控えめのケーキに、マスカルポーネムース、マンゴーソース、ワッフルチップを添えたアイスケーキ。
マンゴーとマスカルポーネのバニラアイスケーキ
■販売店舗
ガスト全店(静岡県内店舗、石岡店を除く)

■糖質を制限したい人向け新メニュー登場
また、ガストではメタボ等の健康のため、糖質を制限したい人向けに
新メニューの発売を開始しました。
ガストは、糖質が気になる人に対して

①洋食だけでなく和膳でもおかずの単品注文ができる

②ソース、ドレッシング、付け合わせ抜きが可能

③ドリンクバーで無糖のコーヒーや紅茶が選べる

のようなサービスを提供するということです。

糖質が気になる人向けにお薦めとして以下の3つのメニューを提案しています。
麺類だけでなくデザートについても糖質控えめメニューが登場しました。




■糖質が気になる人にお薦めのメニュー
糖質が気になる人にお薦めのガスト一押しは下記の2つの麺類です。
どちらも、+50円で糖質0麺に変更可能です。
冷やしサラダタンタン麺 599円【+50円で「糖質0麺」に変更 649円】
1日分の野菜のベジ塩タンメン699円【+50円で「糖質0麺」に変更 749円】

他にガストでは糖質が気になる人向けとして大葉おろしの和風ハンバーグ、生ハムのシーザーサラダ、さばの味噌煮和膳を薦めています。
■コメント
ガストの今回の新メニューの特長は、ハンバーグを20%増量、プラス100円でハンバーグをチーズinに変更可能というようにガッツリ食べたい派に配慮する一方、
糖質が気になる人向けに特化したメニューの提供を始めたことです。
糖質を制限したい人を店に呼び込めれば、客層の拡大が可能になるうえ,とかくいだかれがちな”外食は体に悪い”というイメージを払拭する一石二鳥の効果も期待できそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です