ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

大統領と首相の違いをわかりやすく説明します

2017/07/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本には大統領はいません。

いわゆる先進7か国の統治体制をみてみると以下のようになります。
先進七か国で大統領がいないのはイギリス、日本、カナダの3国です。

大統領がいない3か国に共通していることは、いずれも天皇もしくは国王(エリザベス女王=イギリス・カナダ2国の君主)が国家元首となっていることです。

一方、大統領のいる国、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアはいずれも王様がいませんので大統領=国家元首となっています。

以下のように首相が国家元首となっている国はひとつもありません。

首相は国家元首ではなく、政府のトップという位置づけになります。

つまり、大統領=国家元首 首相=政府・行政のトップという違いがあります。



■先進国における大統領と首相

・アメリカ 大統領〇 首相×

・ドイツ  大統領〇 首相〇

・フランス 大統領〇 首相〇

・イギリス 大統領× 首相〇

・イタリア 大統領〇 首相〇

・カナダ  大統領× 首相〇

・日本   大統領× 首相〇

補足すると中国のような共産党が支配する国には首相はいても大統領はいません。

中国のように共産党が国家を指導するという政治体制をとるような国は、共産党のトップである総書記(=書記長)が大統領にほぼ相当します。

首相については、日本と同じように政府のトップという位置づけですが、共産国では
共産党>国家・政府という関係にあるため、首相といっても日本における首相ほどの権限も権威もありません。

■大統領と首相の違いを政治・統治体制の違いからみた場合

共産主義の国を除くと、世界の政治体制は、立憲君主制もしくは共和制のいずれかになります。

★立憲君主制

国家元首は王となっているが統治にはかかわらない体制。
イギリス、日本代表的な例です。

立憲君主制の国には大統領は存在せず、首相が王からの委託を受け、統治するというような体制です。

★共和制

アメリカ、フランスのように国民による投票で選ばれた「大統領」が国を直接、統治するという体制です。

要するに国のトップが国民に直接選挙で選ばれる体制を意味します。

ロシアは、かつての旧ソ連時代は、現在の中国のようにソビエト共産党のトップである書記長が国家元首とされていましたが、ソ連邦崩壊後は、大統領が国家元首であると同時にアメリカ、フランスと同じように国を直接、統治します。



■共和制における大統領と首相の違い

同じ共和制の国でもアメリカのように首相がいない国とフランス・ドイツ・イタリアのように首相もいる国が存在します。

このうち、アメリカ大統領の権力は最も強力で、他の国でいうと大統領兼首相のような存在です。

フランス・ドイツ・イタリアの3か国の間でも大統領と首相の役割は微妙に異なります。

★フランスにおける大統領と首相の違い

フランスの大統領は、アメリカ大統領と同じように権限が強いです。
従って、首相は政府のトップという位置づけです。

★ドイツにおける大統領と首相の違い

ドイツでは、大統領は象徴的な存在にすぎず、首相が強い権限で国を指導します。
メルケル首相がその典型的な存在です。

★イタリアにおける大統領と首相の違い

イタリアでは、大統領は象徴的な存在にすぎず、首相が強い権限で国を指導します。
しかし、イタリアは政治情勢が不安定で政権が短期間に交代していますので、首相が指導力を発揮できない状況が続いています。



■その他の国における大統領と首相の違い

★韓国における大統領と首相の違い

韓国の大統領は、アメリカ大統領と同じように権限が強いです。
従って、首相は政府のトップという位置づけです。

★インドにおける大統領と首相の違い

インドでは、大統領は象徴的な存在にすぎず、首相が強い権限で国を指導します。
実際、モディ首相が就任後、その強力な指導力により経済成長が急速に進んでいます。

以上みてきたように大統領と首相の違いを一言で簡単に説明すると
大統領は”国家元首=要するにその国で一番偉い人(人物的に立派かどうかはべつとして)”
首相は、”政府のトップ、行政のトップ”ということになります。

別の言い方をすると、国家元首でない大統領はいませんが、国家元首である首相はいません。

最後にその国のトップが誰であるのか、訪日したらどのように接遇するのかについてのプロといえる外務省が大統領と首相をどのようにとらえているのかみてみると以下のようになります。

■外交上の国際儀礼(プロトコール)による大統領と首相の違い

「国賓」=各国の国王や大統領等の元首が対象

「公賓」=皇太子や首相,副大統領等が対象

■まとめ

各国の大統領や首相の状況をみてみると
首相が10年以上にわたり大統領のような指導力を発揮しているドイツのメルケル首相のようなケース。

一時期の日本のように首相がくるくる変わるため政治が不安定なイタリア。

権力は強いものの一度転落するとあっという間に牢屋いきとなりかねない韓国。

権限が強いがためにトランプ氏のような人物が就任すると混乱を招くアメリカと多種多様です。

大統領と首相がいる国の場合は、結局、大統領の力量次第という感じがします。

このような国では、大統領と首相がお互いに相乗効果を生むような関係性があれば、その国の国民にとって理想的ですが、現実にはうまく機能していない国が大半のようです。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.