ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

初デート@相手が年上女性の時の敬語や言葉遣いで注意するべきポイントとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

年上の女性との初デートで気がかりなのは、言葉遣いですね。

普段は敬語で話していても、やっぱりデートという場では、少し距離が縮まる印象のある普段使いの言葉に変えたいところです。

では、実際には、どんなタイミングで年上女性との会話を脱敬語にしていくべきなのでしょうか? さぁ早速見ていきましょう。



★敬語だと距離を感じる?

ところで皆さん、意中の年上女性との初デートの場で、お互いが敬語だと距離を感じますか?

例えば、“この食事は美味しいですね”と言うのと、“この食事美味しいよねー”と言うので違いはあるのでしょうか? 

答えは、イエス!

やはり敬語のままだとお互いに一定の距離を感じてしまいます。

先ほどの例文は短いものでしたが、“普段、お休みの日は何をされているのですか?”と“いつも休みの日は何してるの?”という疑問文にすると、その距離感が良く分かるかと思います。

★会話の中で少しずつチェンジ

では、実際に年上女性との初デートの場合、どのタイミングで距離を縮めるために脱敬語をするのが正解なのでしょうか?

それは、自分の話をしている時です!

相手の話を聞いている状況では、やはり敬語で返すのがマナー。

でも、自分の話をしているタイミングでなら、少しずつ言葉を崩すことができます。

先ほど例に挙げた休みの日についての場合、“お休みの日は好きな音楽を聴いている時間が多いですね”とすべて敬語で伝えるのではなく、“休みの日は好きな音楽を聴いてることが多いかなぁ。

あなたは?”といった風に、自分のことを話しているタイミングで少しずつ敬語を脱していくことがオススメです。



★メールなら脱敬語しやすいかも!?

二人っきりの会話の中で敬語を崩していくことが難しい場合は、やり取りをするメールやSNSのシーンでなら脱敬語をしていくことができるかも!?

初デートの後のお礼メールも“今日はありがとうございました。

またお会いできることを楽しみにしております”とフル敬語で言われるよりも、“今日はありがとう。

また会えるとうれしいな”と少しフランクな雰囲気の言葉で言われた方が、より感情も伝わりますよね?

敬語を使うこと自体は否定しませんが、やはりより距離を縮めたいのであれば、少しずつ脱敬語をしていくのがベター。

会話の中で崩していくのが難しい場合は、メールやSNS上で少しずつ普段使いの言葉にしていくのがオススメですよ。

いかがでしたか? 今回は年上女性との初デートでの敬語について考えてみました。

“最後までご覧いただきありがとうございました”ではなく、“最後まで読んでくれてありがとう!”の方が、やっぱり良いですよね?




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.