ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

保育園で遊べる・楽しめるハロウィン ゲーム一覧

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今や老若男女を問わず、日本人の間に定着したハロウィン。

大人が仮装して街を闊歩している間、キッズたちだって、思いっきりハロウィンを楽しみたいものです。

そこで今回は、保育園で遊べるハロウィンらしいゲームをセレクト。楽しみながら、心と身体の成長にもつながるゲームで、ハロウィンを満喫しましょうね。



■ワクワクドキドキのハロウィン宝探し

まずは、ハロウィンらしいアイテムをふんだんに使った宝探しです。

準備するものは、100円均一などで売っている小さなビニール袋とカボチャのシール、キャンディーです。

カボチャのシールを貼ったビニール袋にキャンディーを詰め、保育園のあちこちに隠しておきます。それをみんなで探すのが、ハロウィン宝探しです。

いつもの保育園があっという間に宝島に変身するこのゲームは、キッズ大はしゃぎ間違いなしですね。


■カボチャでごろごろ、ハロウィンボーリング

次におすすめするのは、ハロウィンムードを演出するアイテムを使ったボーリングです。
ボーリングのピンは雑貨店などで購入しておきましょう。

キッズでも倒しやすいよう、軽いピンを選んでください。

ボールになるのは、カボチャ!

ハロウィンの装飾用に販売されている小さめのカボチャをボールの代わりにして、ボーリングを!

まん丸のボールとは違い、思わぬ方向に転がっていくカボチャが、キッズたちを楽しませます。

■王道ゲームをハロウィンバージョンにする福笑い

最後は、日本で古くから愛されている福笑いをハロウィンバージョンにしてみましょう。
用意するものは、大きな画用紙とクレヨン、ハサミです。

画用紙にジャック・オー・ランタンの顔の形を描き、切り抜きましょう。

残った余白で目や口のパーツを切り出します。

あとはそれぞれのパーツに色を塗るだけ!

もしも、自分で絵を描くのが苦手な場合は、インターネットのウェブサイトなどで、無料で使用できるイラスト素材を使用してもOKです。

キッズたちに目隠しをして、福笑い。想像するだけで、ほほえましい光景が目に浮かびますね。

いかがでしたか? ハロウィンの雰囲気を保育園にも取り入れたい方におすすめのゲームは、どれも用意が簡単で、難しいルールもないので、小さなキッズでも気軽に遊ぶことができます。

本格的なアイテムを用意する必要がないので、保育士さんたちにも好評のこれらのゲーム。今年は宝探し、ボーリング、福笑いで、もっとハロウィンを満喫しましょうね!




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.