ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

京都 嵐山で紅葉と竹林を同時に楽しむ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

秋の京都旅行を計画している方、こんにちは。今回は京都大好きの筆者が絶対に足を運んでほしい嵐山の見どころをお伝えします!

嵐山といえば竹林ですが、秋なので、せっかくなら紅葉も一緒に楽しみたいですよね? さぁ、どんなスポットを回れば、紅葉と竹林の両方を楽しめるのか、どどんとご紹介していきます。



■嵐山で紅葉を見るなら、ここ!

まずは嵐山の代名詞であり、紅葉の名所としても知られる渡月橋へ足を運びましょう。

800年代前半に桂川に架けられた橋に由来を持つ歴史ある渡月橋の周辺には、色づいた木々が並び、紅葉シーズンはいつもとは異なる趣を見せてくれます。

★カップルで渡る際は、振り向き禁止!!

ちなみにこの橋、カップルで渡る際は、途中で絶対に振り向いてはいけません。
どんなに紅葉が美しくとも、必ずまっすぐ前だけを見て渡り切ってください。

なんでも、途中で振り返ると縁が切れてしまうというジンクスがあるそうです……。

■竹林はやっぱりここがおすすめ

渡月橋で紅葉を満喫したら、次は竹林の道へ。

天龍寺の北側から大河内山荘付近に続く約100mの道は両サイドに竹が生えており、その圧倒的な雰囲気はテレビのコマーシャルなどでもよく知られています。

★天龍寺 竹林の道

・住所  京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

竹林のマイナスイオンパワーを存分に感じてくださいね。



■嵐山の〆は紅葉ライトアップ

さぁ、すっかり日没になりましたね? 秋の嵐山観光の〆には、紅葉ライトアップがおすすめです。

嵐山駅から徒歩15分ほどのエリアにある大覚寺では、11月11日から12月4日の17時半から20時まで、期間限定の夜間ライトアップを行っています。


ただし、11月17日,18日,19日の三日間は、夜間特別拝観を中止すると公式HPで告知していますのでご注意ください。

★大覚寺

・住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

・電話 075-871-0071

・アクセス 最寄り駅
JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩約17分、

阪急「嵐山駅」から徒歩で約35分、

京福「嵐電嵯峨駅」から徒歩で約23分です。

・拝観時間
午前9時?午後5時
(受付は午後4時30分まで)

・休み
無休 ※寺内行事により内拝不可日有

・拝観料金
大 人:500円
小中高:300円

・駐車場
自家用車30台(2時間:500円)
バス10台(2時間:2000円)

「真紅の水鏡」と名付けられたこのイベント、その名の通り、放生池に映り込む真っ赤に色づいた紅葉の美しさは圧巻です。

嵐山では大覚寺以外に、渡月橋周辺エリアの夜間ライトアップも実施しています。

日中のさわやかな雰囲気とは異なり、一気に幻想的なムードに変身するライトアップは、秋の嵐山観光のハイライトといっても過言ではないかもしれませんね。



いかがでしたか? 京都・嵐山を楽しむのに欠かせない竹林と、秋限定の紅葉。この両方を存分に満喫できるおすすめスポットをご紹介してきました。

秋の嵐山は、普段から観光客の多い嵐山でも、特に混雑するシーズンにあたります。

また、夜間のライトアップ時は気温が急激に下がる場合もあるので、動きやすく、調節可能な服装で足を運ぶことをおすすめします。

自家用車でのアクセスは混雑必至&駐車場難民になる可能性が高いので、アクセスは公共交通機関がおすすめです。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.