ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

京都紅葉・ 雲龍院の見ごろと華やかなライトアップ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

数ある京都の紅葉スポットの中でも、ライトアップを行っている箇所は意外に少ないもの……。今回は、京都の紅葉スポットとして知られ、ライトアップが大人気の雲龍院をピックアップ。その見どころやアクセス方法などをお伝えします。



■雲龍院とは

雲龍院は京都市東山区にあり、1372年、時の天皇の勅願により創立された由緒ある寺院です。その後も多くの天皇の庇護下に置かれ、発展してきました。

国の重要文化財に指定されている本殿、美しい日本庭園を眺める“悟りの窓”など、見どころ満載で、常に京都の人気観光スポットとなっています。

★雲龍院

・住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36

・参拝時間
参拝時間:9:00~16:30受付終了(17:00閉門)
※ 写経受付:15:30終了

・ライトアップ・夜間拝観時は21:00受付終了(21:30閉門)

・拝観料
一人 400円
※ 抹茶付き900円
※ 写経(拝観料・お抹茶込)1500円



■雲龍院の紅葉の華やかなライトアップ

そんな雲龍院に特に多くの人が足を運ぶのが紅葉シーズンです。日中、色づいた木々を眺めるのももちろん良いのですが、雲龍院のおすすめは夜!

実は例年11月中旬から下旬にかけて、ライトアップが行われているのです。

ライトの灯りでぼんやりと浮かび上がる紅葉の美しさは、息をのむほど。

普段は夜間に見ることができない場所でもあるので、とっても貴重な体験に感じられます。
2017年のライトアップ期間はまだ発表されていませんので、雲龍院の公式ホームページを随時チェックして、ライトアップ期間を逃さないようにしてくださいね。



■雲龍院の紅葉の見ごろとアクセス

雲龍院の紅葉の見ごろは、11月中旬から12月初旬。

夜間のライトアップ時は冷え込む頃でもあるので、しっかりと暖かい服装で足を運びましょう。
雲龍院へのアクセスはマイカーの場合、国道1号東山五条交差点を南に向かい、東山通り・泉涌寺道交差点を左折、あるいは、九条通りから東山通りへ進み、泉涌寺道交差点を右折してください。

ただし、駐車場の台数が多くないのが欠点……。そのため、公共交通機関の利用がおすすめです。

★車でのアクセス方法

国道1号東山五条交差点を南へ、東山通りの泉涌寺道交差点を左折
九条通りから東山通りへ、泉涌寺道交差点を右折

※カーナビの設定方法
カーナビゲーションシステムを利用する場合、電話番号での目的地検索が便利です。
カーナビで検索する場合は、雲龍院の電話番号075-541-3916で検索するとヒットします。

★京都駅からのアクセス方法

京都駅(八条口)から、タクシーで約5分 京都駅(烏丸口)から、市バス208号系統で「泉涌寺道」下車徒歩10分 JR奈良線東福寺駅から徒歩13分。

“雲龍院”という名前でのアクセスよりは、より知名度の高い“東福寺”を目指してアクセスすると、迷うことがないかと思います。

いかがでしたか? 紅葉の名所・京都の中でも、数少ない夜間のライトアップを実施しているのが雲龍院です。

賑やかな雰囲気の日中とは異なり、静謐な空気が流れる夜間の紅葉狩りは、ロマンチックな雰囲気も満点。

しっとりとした大人のデートにもピッタリの場所ですよ。夜間ライトアップは期間限定なので、公式ホームページでスケジュールをチェックすることをお忘れなく!




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.