ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

京都で意外と空いてる紅葉スポット一覧

 
この記事を書いている人 - WRITER -

秋の京都で紅葉を愛でる。とっても素敵な計画です。

とはいっても、秋の京都ってどこも大混雑ですよね? 紅葉をゆっくり静かに楽しみたい人には、ちょっぴり億劫になってしまうほどの、人混みが予想されます。

でも、実は京都の紅葉の名所には、比較的人が少なく、空いている紅葉スポットがあるんですよ。本当は秘密にしておきたいのですが、今回は皆さまだけにこっそりとご紹介しようと思います。



■圧倒的な紅葉を楽しめる勝林院

京都の紅葉の名所として有名なのが京都大原三千院。

皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。
でも、さすがに大原三千院は大混雑必至のスポット。

というわけで今回お教えするのは、大原三千院のお隣にある勝林院です。835年に創建された由緒ある寺院で、1013年に建てられたお堂が残っています。

このお堂周辺の木々が真っ赤に色づく紅葉シーズンは、普段とは異なる独特の雰囲気に。大原三千院の賑わいとは一線を画す、比較的空いている紅葉スポットです。

★勝林院

・住所   京都市左京区大原勝林院町187

・拝観時間 9時~17時

・料金   
大人・大高生 300円

中学生以下  200円

・電話 075-744-2409

・交通アクセス
市バス・京都バス 大原下車 徒歩約15分

・駐車場 無し



■枯山水の名園・光明院

京都の観光スポット・東福寺。歴史あるお寺で、紅葉シーズンは特に多くの人出です。
が、今回お教えするのはもちろん東福寺ではありません。

そこから徒歩10分ほどの場所にある光明院が、比較的空いている紅葉スポットとして知られています。

1391年に建立され、枯山水の「波心の庭」が名園として人気を集める光明院は、静寂を感じる枯山水の庭に赤い紅葉が彩を添える秋がベストシーズン!

とはいえ、周辺の大人気スポットに比べると、まだまだ知られていない穴場ですので、しっかりと紅葉を堪能することができます。

★光明院

・場所:京都市東山区本町15丁目東福寺山内

・交通:JR東福寺,京阪東福寺下車,徒歩15分

・拝観料:志納(玄関に料金を入れる大きな竹筒あり)



■意外な名所!? 京都府立植物園

京都の紅葉の名所というと、多くの人が神社仏閣を想像することでしょう。ということは、神社仏閣は大混雑の可能性大。

そこで今回、最後の穴場スポットとして取り上げるのは、京都府立植物園です。

1924年に開園した歴史ある植物園は、約24ヘクタールの敷地に、12万本もの植物が植えられています。

これだけ植物があるということは……もちろん、紅葉する樹木だって、たくさん!
紅葉は京都市内の各スポットと同様に、11月下旬から12月上旬が見ごろとなります。

紅葉以外にも、秋に咲き誇るさまざまな花も楽しめる京都府立植物園、覚えておいてくださいね。

★京都府立植物園

・住所 京都市左京区下鴨半木町

・電話 075-701-0141

・開園時間 午前9時から午後5時 (入園は午後4時まで)

・入園料
一般200円 高校生150円 中学生以下無料

・アクセス(電車)
R京都駅(近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」)から京都市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ、又は「北大路駅」下車3番出口を東へ徒歩約10分

京阪「出町柳駅」から市バス1系統または京都バス「静原」「市原」行きバス停「植物園前」下車徒歩5分

・アクセス(車)
名神高速道路京都南ICから車で京都市内北山方面へ約45分

いかがでしたか? 秋の観光シーズンの京都の中でも、比較的人が少なく、空いている紅葉スポットは勝林院、光明院と京都府立植物園です。

皆さんぜひ、京都で紅葉狩りを楽しんでくださいね。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.