ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

上海トイレ事情2017@言うほどひどくない!?というのは本当か?

2017/03/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

上海への海外旅行を予定している人が懸念する事柄といえば、水や食べ物が合うかどうかの他に、中国大陸ならではの“トイレ事情”があります。

上海のトイレというと日本在住のアメリカ人が上海に旅行してきて日本に戻ってきたときに”上海のトイレどうでした”と聞いたところ、”terrible not awful”要するに”酷いどころか恐ろしい”と真顔で唸っていたことを思い浮かべてしまいます。

ずいぶん前の話ですが、上海に限らず中国のトイレというと日本人のイメージは、所詮こんなレベルではないかと思います。

ただしこれ、若干、イメージが先行し過ぎているような気も……。

そこで今回は上海に何度も足を運んだことのある筆者が、2017年現在の上海のトイレ事情についてレポートします。



■言うほどひどくない!?

上海を含む中国大陸のトイレ事情といえば、“水が流れない”“ドアがない”“紙がない”なんていう危険なイメージを持ちがちです。

たしかに、かつてはそんなトイレもよくありました。

しかし! 現在はそんなことはありません!!

というのも、上海では2010年の上海万博など、いくつもの国際的なイベントが開かれたこともあり、街自体の衛生環境の向上にかなり力を入れてきたから。

正直言って、上海のトイレ事情は“言うほどひどくない”んですよ。

■オススメはショッピングモールや五つ星ホテル

とはいえ、どこのトイレでも清潔だとは限らないのであれば、そんな危険なギャンブルをする必要はありません。

ずばり、上海でトイレに行きたくなったら、狙うのは外資系あるいは台湾・香港系のショッピングモールか、五つ星ホテルです!

市中心部にあるショッピングモールは、たいてい日本と同じレベルの清潔なトイレが用意されていますし、頻繁に清掃も行われているよう。

ただし、古くからある老舗デパートなど、国営のお店には気を付けてください。

五つ星ホテルは、説明の必要がありませんね。

どのホテルもしっかりと気配りが行き届いているので、安心して利用できます。

■要注意スポットはローカルレストラン&郊外

一方、ここは控えた方が良いかなというトイレスポットもない訳ではありません。

その一つが、上海市内にあるローカルレストランです。

ガイドブックに載っているような有名店ではなく、個人経営の街角レストランのトイレは鬼門かも!?

以前筆者は“ドアなし、ノー水洗、紙なし”に遭遇したことがあります。

ローカルレストランでトイレに立ち寄る時は、トイレットペーパー持参がベターですね。
そしてもう一つ、要注意なのが、上海市中心部から少し足を延ばした郊外へ行く時。

地下鉄が発展し、郊外の古い街並みエリアまでのアクセスは良好ですが、まだまだトイレ事情は日本レベルとは言い難い場合も……。

できれば、地下鉄の駅など公共の場でトイレを済ませておいてくださいね。

いかがでしたか? 今回は上海のトイレ事情2017をお届けしました。

言うほどひどくない、とはいえ、時には外れがある可能性もありますので、お気を付けくださいね。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.