ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

上海ディズニーランドの混雑状況と実際に行ってみた日本人から見た客のマナー

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近気になるディズニーランドといえば、東京ディズニーランドではなく、2016年にオープンし、世界中から注目を集めている上海ディズニーランドです。

でも、オープン直後の大行列のウワサや、来場者のマナーの問題が、日本のマスコミでは多く取り上げられ、なんとなくネガティブなイメージを持っている人もいるかも!?

そこで今回は、実際に上海ディズニーランドに足を運んだ筆者が、混雑状況と現在の客のマナーについてお教えします。

■上海ディズニーランドとは?

2016年6月、世界で12番目、アジアで3番目のディズニーランドとしてオープンしたのが、上海ディズニーランドです。

その広さは世界で2番目を誇る約410へクタール。

ディズニーの世界観を再現するだけでなく、中国らしい要素も含んだ、魅力的なテーマパークです。

■上海ディズニーランドの混雑状況

そんな上海ディズニーランド、開業直後は“ガラガラだ”とか“長蛇の列だ”とか、さまざまな報道が飛び交いました。

これにはある訳が考えられます。

中国では正式オープンの前にプレオープンという期間が設けられることが多く、プレオープン中や正式オープン直後は、多くの関係者などがその施設のチケットを購入します。

その結果、一時に多くの人が集中。

一方、上海ディズニーランドは中国人の平均月収を考えると比較的チケット代が高価なため、オープン当初の人並みがひと段落すると、一気に閑散としたように感じるのです。
shdisneymap

■東京ディズニーランドと同等程度の混雑状況

では、実際のところ、現在はどのような混雑状況なのでしょうか?
その答えは、おそらく東京ディズニーランドと同等程度。

平日や悪天候の日は比較的空いており、土日や祝日にはある程度の人出があります。

人気のアトラクションでは1~2時間程度の待ち時間が発生することも。

また、人気のないアトラクションや一度に大人数が楽しめるアトラクションは10分程度の待ち時間で済む場合もあります。
<スポンサーリンク>



■上海ディズニーランドの客のマナーは?

そしてもう一つ、日本のメディアがこぞって報道したのが、ディズニーランドを訪れる客のマナー。

筆者も足を運ぶ前には、ちょっぴり不安だったのがこの点でした。

しかし実際のところ、そんなにひどくない!

東京ディズニーランドと同じようにキャストが常に巡回しており、園内は清潔に保たれています。

喫煙者は決められたスペースでタバコを吸っていますし、筆者が訪れた時には特に行列を乱すような人も見受けられませんでした。

少しのマナー違反は、おそらく東京ディズニーランドでもあるもの。
正直、上海だからという意味でのマナーの悪さは全く感じませんでしたよ。

いかがでしたか? 今回は上海ディズニーランドの混雑状況と、現在の客のマナーについて、実際に足を運んだ筆者がお届けしました。皆さんもぜひ行ってみてくださいね!
<スポンサーリンク>




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.