ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

上海ディズニーランドのトイレ事情(日本人がチェックした最新事情)

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

上海ディズニーランドに行こうかなと考えている人にとって、大きなネックになるのはトイレ事情……。

中国のトイレのイメージは正直決して良いものではありませんものね。

では実際のところ、上海ディズニーランドのトイレ事情は如何なるものなのか。昨年晩秋に上海ディズニーランドを訪れた筆者がお伝えします。
37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3

■上海のトイレ事情

まず初めに、上海全体のトイレ事情について、少し知識を付けておきましょう。

上海市内のトイレは、とってもキレイ、まぁまぁ、いけるかな?、無理のおおよそ4種類に分けられます。

“とってもキレイ”があるのは、4つ星、5つ星のホテルや外資の入ったショッピングモール、外国人の多いあるいは中国国内でもとても有名なレストランなどです。

“まぁまぁ”は普通のホテルやショッピングモール、見た目のキレイなレストラン。

一方、“いけるかな?”はチェーン店の中華レストラン、市内の観光地などにあります。
“無理”は個人経営のローカルレストランや街頭にある公衆トイレです。
A5AAA5EAA5F3A5D4A5C3A5AFC4BEC1B0A4CECBCCB5FEA5C8A5A4A5ECBBF6BEF0
ちなみに、筆者が出会ったマックス“無理”は、某ローカルレストランにあったトイレ。
ドア無しは当たり前ですが、トイレの便器は各個室共通の細お溝で、えーっと……書くのは止めましょうかね。
<スポンサーリンク>



■上海ディズニーランドのトイレ事情は?

そんなハードなトイレに出会ったことのある筆者としては、上海ディズニーランドのトイレは“とってもキレイ”を通り越して、“天国”レベルです。

基本的に、東京ディズニーランドと同様に常に清掃スタッフが巡回していますし、来場者も、平均月収を考えるととても高価なチケットを購入できるレベルの人たちばかりなので、目に余るようなひどいマナー違反はありません。

ウォシュレットや音消し装置はないものの、日本人である筆者から見ても十分に安心して使えるトイレでした。

もちろんトイレの数も多数。筆者が訪れたのは土曜日でしたが、特に待ち時間もなく、トイレを利用することができたので、安心してくださいね。

いかがでしたか? 今回は気になる上海ディズニーランドのトイレ事情について、実体験に基づいたお話をさせていただきました。参考にしてみてくださいね。
<スポンサーリンク>




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.