ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

上海の大気汚染の状況とマスクの必要性について

2017/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここ数年、日本のテレビ番組でしばしば取り上げられる中国の大気汚染問題。

果たして実際のところはどうなのでしょうか?

今回は中国の中でも特に日本人観光客の多い

上海の大気汚染の状況とマスクの必要性についてお伝えします。
<スポンサーリンク>



■上海の大気汚染の状況

まずは上海の大気温泉の状況についてです。

基本的に上海の大気汚染は暖かい季節はあまり問題がなく、

寒い季節に悪化する傾向にあります。

気候条件によるものに加えて、寒い季節になると、

中国大陸全体で石炭などを使用して暖を取るため、

汚染された空気が蔓延するということも要因の一つとなっています。

ただし、上海や北京などの大都市圏では、

特に春節など大気汚染が悪化しやすい期間に政府の指導により、

爆竹の禁止や工場の稼働時間のコントロールといった

施策が取られており、一概に大気汚染が深刻であるとは言い切れません。

■大気汚染にマスクは必要!?

では、大気汚染が気になる場合、マスクを使用することは有効なのでしょうか?

正解はイエスでもあり、ノーでもあります。

中国の大気汚染物質であるPM2.5はとても小さなサイズの物質なので、

通常のマスクではあまり意味なし!?

微粒子成分を通さないような機能を持つマスクや、口元だけでなく、

鼻の部分までしっかりとカバーしてくれるマスクを使用することが必要になってきます。

■マスクの現地調達は可能?

上海に着いてみたら、思ったよりも空気が悪く、

マスクを購入したいという場合もあるかと思います。

そんな時も安心!

上海にはセブンイレブンやファミリーマートなどの

コンビニが街のあちこちにあり、大気汚染対策用のマスクも多数販売されています。

また、日本語表記のあるものが欲しいという人は、

虹橋・古北エリアと呼ばれる上海市の西部エリアを目指しましょう。

このエリアは日本人の居住者が多く、

日系のスーパーマーケットもいくつかあるので、

日本語表記のマスクを購入することも可能です。

いかがでしたか?

今回は上海の大気汚染の状況とマスクの必要性についてお届けしました。

備えあれば憂いなし!

大気汚染が気になる人はあらかじめマスクを用意してから出かけてくださいね。




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2017 All Rights Reserved.