ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

ディズニーシーのアフター6の混雑を回避する7つのポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -

都内や千葉県などに通勤・在住する人にオススメのディズニーシーの楽しみ方といえば、アフター6パスポート!

平日18時以降限定のこのパスポートを使えば、仕事終わりのディズニーシーも手軽に楽しめるんですよ。

今回はそんなアフター6パスポートをより有効に使うための、混雑回避のポイント7つをお教えします。



■アフター6を有効に使うには、準備が肝心!

アフター6パスポートは、平日18時以降に使用可能なディズニーシーのチケット(指定日を除く)。とはいえ、何も本当に18時以降にしか購入できないものではありません。

そう、アフター6パスポートは事前に公式サイトなどから購入しておくことができるんです。

事前にパスポートを手に入れておけば、当日チケット売り場の行列に並ぶ必要もなく、スムーズにインすることが可能ですね。

また、18時よりも少し前にはシーの入り口に到着し、ゆとりを持って、園内へ踏み入れましょう。

■ファストパスはあるの?

ディズニーリゾートといえば、並ばなくても優先的に入場できるファストパスの存在が知られています。

現在、ディズニーシーではタワー・オブ・テラー、レイジングスピリッツなど8つのアトラクションでファストパスが発券されていますが、アフター6パスポートで入園する人の場合、よっぽどのラッキーでもなければ、ファストパスをゲットするのは難しいでしょう。

とはいえ、18時を過ぎた園内は家族連れがぐっと減って、比較的空いている状態。もしかすると、人気アトラクションも短い待ち時間で楽しめるかもしれませんよ。



■目的ははっきり決めよう

今回の7つのポイントの中で、特に重要になってくるのが、あなたがその夜、ディズニーシーで何を楽しみたいかということ。

18時以降という限られた時間の中でできることはそんなに多くはありません。

アトラクションに乗りたい人は、集中的に希望のアトラクションを回ってください。

一方、夜のパレードを楽しみたい人は、パレードメインのスケジューリングで、アトラクションは少なめ&人気度低めのアトラクションを攻めるといった行程を考えてくださいね。

■回り方はコレがベスト!?

そんなディズニーシー、多くの方が目的に合わせて、右回りか左回りかを決めています。

アトラクションメインの人には、人気アトラクションが多いアメリカンウォーターフロントからスタートする左回りコースを、
パレードがメインの人には、夜のパレードのメイン会場であるメディテレーニアンハーバーを起点とする右回りのコースがオススメです。

また、混雑状況によっては、最初に園内中央部にある橋を渡り、ミステリアスアイランドを通過、最深部のロストリバーデルタから攻めるというのもアリ!

ロストリバーデルタにはインディージョーンズ・アドベンチャーやレイジングスピリッツといった迫力満点のアトラクションが揃っています。



■待ち時間チェックも可能

アフター6パスポートを使う人が混雑をうまく回避する方法の一つが、ディズニー公式サイトをうまく活用することが必須です。

公式サイトでは、常時、当日の待ち時間情報を配信中。

今まさにどのアトラクションにどれくらいの人が並んでいるのかが分かるので、リアルタイムで混雑を避け、比較的空いているアトラクションに向かうことができますね。

■食事は時間を決めて楽しんで

ところで、アフター6パスポートを使うということは、夕食の時間のことも考えておかねばいけませんね。18時はちょうど皆さんのお食事時。

正直、どこのレストランもフードショップも混雑必至です。

そこでオススメしたいのが、プライオリティ・シーティング!

これは、言わば、ファストパスの食事版のようなもので、希望のレストランを予約し、指定時刻に足を運ぶと、優先的に案内してもらえるシステムです。

これならば、ディズニーシーにインした後、程よいタイミングで食事をとることができますよ。

■お土産はどうする?

最後に、混雑を回避するお土産の買い方を伝授します。

それは……園内では買わない! え!? と思われるかもしれませんが、

アフター6パスポートでインする18時台は第一陣の帰宅ラッシュなので、お土産もの店は大混雑。

閉園前はもちろん、最終の帰宅ラッシュなので、お土産もの店はさらに混雑しています。だからといって、元々楽しめる時間の短いアフター6パスポートユーザにとって、わざわざ一度、お土産のために時間を割いて、エントランス付近に戻ってくるのは面倒ですよね?

そんな時の救世主が、JR舞浜駅前にある公式ショップ「ボン・ヴォヤージュ」です。

営業時間は23時までと、シー閉園後もオープンしているので、じっくりとお土産選びをすることが可能です。

ただし、シーでしか購入できない限定グッズなどもあるので、どうしても欲しいものがある人は、インした直後にゲットしておいてくださいね。

いかがでしたか? アフター6パスポートを使い、限られた時間で、混雑を回避してディズニーシーを満喫するための7つのポイント、ぜひ参考にしてください!




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2016 All Rights Reserved.