ネット上やリアルに飛び交う新しい情報やわかりにくい情報をわかりやすくタイムリーにお伝えします。

調べものをわかりやすく@4979

お歳暮の時期いつからいつまで?(関東と関西の違い)と喜ばれるモノ・金額の世間相場

2017/03/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

日本には古くから続くいくつもの習慣があります。そのうちの一つがお歳暮。
一昔前ほどではないにしても、お歳暮は、現在でも日常生活の中で重要なイベントのひとつです。
でも、改めて考えてみると、お歳暮のマナーって分かりづらいですよね?
yjimage2
そこで今回はお歳暮を贈る時期や、お歳暮に適している品物、お歳暮の金額の相場など、お歳暮にまつわるマナーをお教えします。



■お歳暮の時期はいつ?

お歳暮を贈るのは“年末”と認識している人が多いようですが、実はある程度、お歳暮を贈る時期には目途があります。

しかも、意外にも関東と関西でその時期に差があるんです。

★関東は12月初旬 関西は12月中旬から

関東は12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日の間に贈ることが良いとされているんですよ。

関東に住んでいて、関西にお歳暮を贈る場合など、気を付けた方がいい関東と関西の違いですね。

ただ、実際には31日までに贈ればいいとされているお歳暮ですが、受け取る側からすると、年末の忙しい時期は受け取りが難しかったりと、あまり歓迎されない場合も。
多くの人が12月20日前後までを目安としているようです。



■お歳暮に喜ばれる贈り物とは?

では、お歳暮にはどんな品物を贈るのが喜ばれるのでしょうか。筆者がおすすめするのは、世にいう“消えもの”=食べ物です。

お歳暮が届く年末は、来客などの多い時期ですので、お客様に出すことのできる食べ物や、年末年始の宴席に出せる食べ物は歓迎されます。

この場合の選択のポイントは“自分では買わないけど、あったらうれしい品”!

ハムはハムでも、普段使いの薄切りのものではなく、有名ブランド肉を使ったものだったり、厚切りタイプだったりするだけで、気持ちが弾むものです。

一方、タオルなどの生活用品を贈ろうと考えている人は、相手の趣味に合わせたセレクトが必須。

近しい間柄で、相手の趣味を分かっている場合には、生活用品でもOKです。

■お歳暮の相場はいくらくらい?

ところで、お歳暮って、相場はあるのでしょうか?

世間一般ではお歳暮の相場は3,000円から5,000円程度だといわれています。
親しい間柄や親族であれば5,000円程度、近しくはないけどもお世話になっている相手には3,000円程度ということですね。

もしも金額に不安がある時は、同じ相手にお歳暮を贈るであろう人に相談をするのも◎。会社の上司へのお歳暮であれば同僚に、義理の両親へのお歳暮であれば兄弟姉妹に相談してみるのがおすすめです。

いかがでしたか? いつ、何を贈ればよいのか悩みどころのお歳暮、ぜひこの記事を参考にもらう人が喜んでくれるお歳暮を選んでくださいね。

■お歳暮の時期はいつ?

お歳暮を贈るのは“年末”と認識している人が多いようですが、実はある程度、お歳暮を贈る時期には目途があります。

しかも、意外にも関東と関西でその時期に差があるんです。

★関東は12月初旬 関西は12月中旬から

関東は12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日の間に贈ることが良いとされているんですよ。

関東に住んでいて、関西にお歳暮を贈る場合など、気を付けた方がいい関東と関西の違いですね。

ただ、実際には31日までに贈ればいいとされているお歳暮ですが、受け取る側からすると、年末の忙しい時期は受け取りが難しかったりと、あまり歓迎されない場合も。
多くの人が12月20日前後までを目安としているようです。

■お歳暮に喜ばれる贈り物とは?

では、お歳暮にはどんな品物を贈るのが喜ばれるのでしょうか。筆者がおすすめするのは、世にいう“消えもの”=食べ物です。

お歳暮が届く年末は、来客などの多い時期ですので、お客様に出すことのできる食べ物や、年末年始の宴席に出せる食べ物は歓迎されます。

この場合の選択のポイントは“自分では買わないけど、あったらうれしい品”!

ハムはハムでも、普段使いの薄切りのものではなく、有名ブランド肉を使ったものだったり、厚切りタイプだったりするだけで、気持ちが弾むものです。

一方、タオルなどの生活用品を贈ろうと考えている人は、相手の趣味に合わせたセレクトが必須。

近しい間柄で、相手の趣味を分かっている場合には、生活用品でもOKです。



■お歳暮の相場はいくらくらい?

ところで、お歳暮って、相場はあるのでしょうか?

世間一般ではお歳暮の相場は3,000円から5,000円程度だといわれています。
親しい間柄や親族であれば5,000円程度、近しくはないけどもお世話になっている相手には3,000円程度ということですね。

もしも金額に不安がある時は、同じ相手にお歳暮を贈るであろう人に相談をするのも◎。会社の上司へのお歳暮であれば同僚に、義理の両親へのお歳暮であれば兄弟姉妹に相談してみるのがおすすめです。

いかがでしたか? いつ、何を贈ればよいのか悩みどころのお歳暮、ぜひこの記事を参考にもらう人が喜んでくれるお歳暮を選んでくださいね。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 調べものをわかりやすく@4979 , 2016 All Rights Reserved.